サイト内検索:
サイトマップ
トップページ

ホーム > 教育広報テレビ番組 > 平成20年度制作番組

教育広報テレビ番組
「はばたく紀の国」 〜 教育は今 〜

ラインナップ(番組一覧)    
平成29年度 | 平成28年度
平成27年度 | 平成26年度 | 平成25年度 | 平成24年度 | 平成23年度
平成22年度 | 平成21年度 | 平成20年度 | 平成19年度以前

◆ 平成20年度制作番組

   放送日 タイトル名 内容 
10月5日 小学校で外国語活動がスタート!  学習指導要領の改訂により、平成23年度から小学校で外国語活動が必修になります。本格実施に向けて、外国語によるコミュニケーションを楽しむ子どもたちと、指導者の奮闘ぶりを紹介します。
10月12日
(11/2再放送)
「すきなんや!自分・仲間」
〜紀州よさこい祭と共に歩んだ5年間〜
 特別支援学校高等部の生徒たちが、「よさこい踊り」の取組を通して自分を見つめ直し、仲間と協力してお互いを認め合いながら成長する姿を紹介します。また、踊りを通じた同世代の若者や地域との交流も紹介します。(手話)
10月19日 県指定文化財
名勝・史跡「和歌の浦」と 史跡「水軒堤防」
 自然と文化財が共生する町和歌の浦は、万葉の時代から景勝地として有名で、美しい干潟と共に各時代の史跡が残っています。また、国名勝庭園養翠園の北側には、初代紀州藩主徳川頼宣公が造ったとされる精緻な石積み堤防である水軒堤防が発見されました。身近に存在する豊かな自然と文化財を紹介します。
10月26日
(11/16再放送)
もくじきおうご
木食応其
〜秀吉から高野山を救った僧〜
 安土桃山時代から江戸時代初頭にかけて活躍した高野山の僧・木食応其(1536〜1608)にスポットを当てた特別展を通して、さまざまな角度から応其の事績を明らかにします。また、活躍の舞台となった高野山とその周辺地域に残る貴重な文化財なども併せて紹介します。 
11月9日 学びの丘へ学びにいこか  教育センター学びの丘で行っている教職員の専門性向上のための研修、県民の生涯学習に役立つ講座、環境学習車に乗って学校まで出かける出前授業など、子どもから大人までいきいきと学ぶ様子を紹介します。
11月23日 「そして、次の一歩へ」
〜県立図書館開館100周年を迎えて〜
 県立図書館は、明治41年6月1日に和歌山城内に開館して以来、100周年を迎えました。開館当時の図書や資料が、今なお引き継がれ利用されています。代々職員の図書選定や保存に対するたゆまぬ努力の蓄積である貴重な財産を次の世代に伝えていくため、日々活動している職員の姿を紹介します。 
11月30日
(12/21再放送)
頂点をめざして 2015和歌山国体へ  2015年和歌山国体に向け、本県アスリートの国体での活躍や競技力向上のための新しい取組を紹介します。また、1971年の黒潮国体に参加された方に、当時のエピソードと7年後の国体に寄せる思いを語っていただきます。(手話)
12月7日
(1/11再放送)
きみたちが世界へ輝くゴールデンキッズ!
〜3年目の取組〜
 オリンピックや和歌山国体での活躍をめざして取り組んでいる「ゴールデンキッズ発掘プロジェクト」。子どもたちが、サマーキャンプや競技団体プログラムを元気に受講している様子を紹介します。
12月14日
(1/18再放送)
つながり、広がる人権学習
〜地域と学校が連携した人権教育の取組〜
 人権学習は、自らが人権について考え、気づくことからはじまります。県教育委員会では、これまで、そうした「学び」を楽しく進める「人権学習ファシリテーター」を養成してきました。今回、これらのファシリテーターが、地域や学校におけるさまざまな学習の場で活動している様子を紹介します。(手話)
1月25日
(3/22再放送)
自然博物館検定
〜もっと、もっと自然博物館を楽しもう〜
 自然博物館の展示には、不思議がいっぱい。でも、意外と見過ごしていませんか?そこで、クイズを出題。答えは展示物から知ることに。さあ、あなたも探ってみよう。
2月1日
(3/8再放送)
お父さんの子育て奮闘記
〜ひとりぼっちの子育てはもうさせない〜
 子育てについて誰にも相談できないことほど心細く不安なものはありません。家族が子育てに関心を持ち、積極的にかかわることはお母さんに大きな力を与えます。子育てに主体的にかかわるお父さんたちの姿を通して、現在の子育て事情について考えます。(手話)
2月8日
(3/15再放送)
きのくに共育コミュニティ
〜共に育ち・育て合う〜
 県教育委員会では、今年度から「地域共育コミュニティ」の形成に向けて各地域で「共育フォーラム」を開催するとともに、「学校支援ボランティア活動」を推進しています。学校を拠点に家庭・地域の教育力をつなぐ「共育コミュニティ」の可能性について考えていきます。
2月15日 ICTでわかる授業を  子どもたちの興味・関心を高め、理解を深める「わかる授業」を実現するため、今、「ICT(情報通信技術)」を活用した授業づくりが注目されています。教員のICT活用指導力向上の取組や、試行錯誤しながらもICTを活用した授業に取り組む学校現場の様子を紹介します。
2月22日
(3/29再放送)
豊かな学びをめざして!
〜学習と部活動の両立を支援する教員レポート〜
 県内の中学校では、多くの生徒が学習と部活動の両立をめざして、意欲的に学校生活をおくっています。その努力を実らせるために、生徒の悩みや心の揺れに寄り添い、学習との両立を支援しながら、日々の練習指導に汗を流す教員の姿を紹介します。(手話)
3月1日 大学との連携による教師力向上の取組  学校教育への期待が一層高まる中、県教育委員会では和歌山大学教育学部と連携し、教員の専門的実践力の向上に向けた様々な取組を進めています。今回は、大学教員や大学院生、また、指導主事等が、現場の教員と共に教育課題の解決に向けた研究を進める「三者協働研究」などの新しい取組を紹介します。

当サイトの記事・写真の改ざん及び無断転載を禁じます。

和歌山県教育委員会事務局
〒640-8585 和歌山市小松原通一丁目一番地
Tel:073-441-3640
Email:e5001001@pref.wakayama.lg.jp

Copyright(C)2013 Wakayama Prefectural Board of Education all rights reserved.