個別労働関係紛争 あっせん|和歌山県労働委員会

個別労働関係紛争のあっせん

  

労働委員会では、個別労働関係紛争について、公正、中立的な立場で、平和的に問題を解決するサービス(あっせん)を行っています。

  

【目次】

1 あっせんとは
2 申請できる人
3 あっせん対象事項
4 あっせんの流れ
5 あっせんに要する時間

 あっせん員が、当事者双方の言い分を聞きながら、お互いの合意点を探ることにより、話し合いによる解決ができるようにお手伝いするものです。
  あっせん員は、あっせん員候補者名簿の中から、会長が、公益を代表する者1名、労働者を代表する者1名、使用者を代表する者1名の計3名を指名します。

あっせん員候補者名簿はこちら



□県内の事業場(事業所)で勤務している労働者とその事業主

  

 

次の事項が対象となります。

□ 人事に関すること(解雇、配置転換、懲戒処分など)
□ 労働時間、休日・休暇等に関すること(休憩、年次有給休暇など)
□ 賃金等に関すること(賃金未払い、解雇予告手当など)
□ 職場環境に関すること(セクハラ、嫌がらせなど)
□ その他労働条件に関すること

ただし、次の事項は、対象外です。

□ 労働者の募集及び採用に関すること
□ 裁判所で係争中の紛争や民事調停の手続が進行中の紛争
□ 裁判所で判決が確定し、又は民事調停若しくは和解が成立した紛争
□ 職場における私的な人間関係のトラブルなど


標準的な流れは、次のとおりです。
 
あっせんの申請 ・労使の一方又は双方が事務局に申請します

事前調査 ・事務局職員が申請者・被申請者双方から実情を伺います

あっせん作業 ・あっせん員が申請者・被申請者双方の主張を個別に聞き、話し合いを取り持ちます
・個別に事情聴取しますので、労使が直接交渉することはありません

終結 ・解決:あっせん案の受諾など
・取下げ:申請者の都合
・打切り:解決の見込みがない場合など


 □ 申請から第1回あっせんまでは、約1か月かかります。
 □ 1回のあっせんに係る時間は、およそ3〜4時間です。
 □ 1回のあっせんで終結しない場合、2回目以降のあっせんが持たれる場合もあります 。
  


このページの先頭に戻る
和歌山県労働委員会トップに戻る