和歌山県議会議長 浅井修一郎は平成29年3月23日に逝去いたしました。

 

就任ご挨拶

 
  平成28年6月県議会におきまして、歴史と伝統ある和歌山県議会の第87代議長の重責を担うこととなりました。
  その使命と職責の重大さに改めて身の引き締まる思いがいたしております。
 
  私は平成15年の初当選以来、本県の基盤となる道路整備や河川整備、県民の健康を支える医療の問題やスポーツ振興、県を代表する農産物であるミカン産業や漁業などの第一次産業の振興などに微力ながらも全力で取り組んでまいりました。
  これもひとえに県民の皆様のご指導、ご支援の賜と深く感謝申し上げる次第であります。

  本県を取り巻く環境は、人口減少や高齢化、南海トラフ地震や土砂災害に対する防災への取組など課題が山積しております。
  また、和歌山県の発展のためには、農林水産品を中心にした魅力的な県産品を県外、国外へと販売することで本県への誘客につなげていく必要があると考えております。
  これらの課題に真っ正面から取組み、一つひとつ着実に解消していかなければなりません。
  そのために県議会が果たすべき役割も非常に重要になってくるものと思います。
  県民すべてが幸せで誇りを持って暮らせる和歌山県を実現するために、県議会の一層の充実と、活発で前向きな議会運営に誠心誠意取り組む所存でございますので、皆様方の温かいお力添えを賜りますようお願い申し上げます。  

                           平成28年6月

                           和歌山県議会議長 浅井 修一郎