県議会のしごと




議決権
 県議会は、法令により多くの権限が与えられています。それにより県政の重要な事項を審議し、進むべき方向を決定する役割をもっています。主な仕事(権限)は以下のとおりです。
 条例の制定・改正・廃止、予算の成立、決算の認定、主要な契約の締結など県政の重要な事項は県議会の議決が必要です。




選挙権
 議長・副議長・選挙管理委員会委員などを選挙します。




同意権
 知事が選任・任命する副知事及び各種委員など県政の重要な職務に就く人の人事については県議会の同意が必要です。




意見書の提出・決議権
 県民の利益に関係する事項について、関係する行政機関や国会に意見書を提出したり、時の政治問題・社会問題について議会の意思を明らかにするため決議を行います。




請願の審査・陳情の受理
 県民からの意見や要望を受理します。
 なお、請願については審査し、その内容が県政にとって有益なときは採択し、知事や関係機関に送付して、その処理の経過及び結果報告を求めます。




調査・検査権
 県の仕事が適正に行われているかどうか調査・検査をします。必要に応じて、関係者から説明・意見を聞いたり、出頭・証言・記録の提出を求めたりします。

 

トップページへこのページの最初へ