県議会とは

 県民のみなさんが求めている、活力あふれる「21世紀の和歌山づくり」を実現するために、県民の代表として選挙で選ばれたのが『県議会議員』です。
 県議会は「議決機関」として、議員が集まって県政を進めるうえでの大切なことがらを話し合い、決めていくところです。
 対して、知事をはじめとする「執行機関」は、県議会の決定に沿って実際に仕事を進めていくところであり、二つの機関は、それぞれの権限と役割がはっきり区分されており県政を運営するための両輪となっています。
 近年、地方分権が進む変革期にあって、議会の担う役割が一層重要になっており、議員自らも政策立案に取り組むなど時代に適応した活動をしています。

県議会の役割イラスト

トップページへこのページの最初へ