現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 西牟婁振興局 > 西牟婁地方の農林水産物食材コレクション > シシトウ(シシトウガラシ)

シシトウ(シシトウガラシ)|西牟婁地方の農林水産物食材コレクション

目次
果樹
パープルクィーン
(小梅)
ミスなでしこ(梅)
安藤柑(カンキツ)
シンジョウ(スモモ)
野菜
レタス
スイートコーン
稲成なす
シシトウ
(シシトウガラシ)
三川のらっきょう
熊野米
川添茶(煎茶)
音無茶(煎茶)
畜産
イブの恵み
(イノブタ)
特用林産
コゴミ(クサソテツ)
イタドリ
ウワバミソウ
水産
ヒロメ
紀州いさぎ(イサキ)
すさみケンケン鰹
(カツオ)
イガミ(ブダイ)
磯間のしらす(シラス)
スルメイカ
ツメバイ
(マガキガイ)
イワガキ・マガキ
前の川の鮎(アユ)
熊野本宮のあまご

冷涼な気候の中山間で栽培されたシシトウは、緑色が美しい炒め物などにして食べたい逸品

PDFはここをクリック

シシトウ(シシトウガラシ)

シシトウ

 ○特 徴 :
  中山間部の冷涼な気候を活かして、緑色が美しいシシトウを栽培している。
  古くから地域全体の栽培品種を統一するなど、生産者の類い希なる努力により高い品質を維持している。現在の品種は「葵シシトウ」。

 ○食べ方 :
  天ぷらや炒め物、焼き物の具材として利用。

 ○来 歴 :
  昭和50年代に田辺市内の中山間地域で露地栽培が始まった。
  その後、米栽培の代わりに水田での栽培が定着し、温室での栽培も取り組まれたことから、栽培面積も増加した。

 ○ 旬 : 5月~11月

 ○産 地 : 田辺市(中辺路町、旧大塔村)

 ○生産量 : 約4t (H24年度 )


○問い合わせ先:

JA紀南(代表 0739-23-3450)

○出荷期間 :

5月~11月
○販売単位 : 50g/パック