現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 有田振興局 > 建設部 > 二川ダム管理事務所 > 水環境改善事業 > 二川ダムの水質状況

二川ダム情報サイト

ホーム
ダムの歴史
ダムの概要
ダムの働き
周辺・流域案内
水環境改善事業
用語解説
お願い
ダムへのアクセス
リンク集
二川ダム
 

二川ダムの水質状況

●概要
川を堰き止め、水を貯める事により水質の悪化(富栄養化による赤潮など)を招き、 生態系に影響を与える要因となります。  そのため、ダム湖の水質状況を正確に把握するため、定期的に水質調査を行います。

水質の調査
  次に載せているのは、平成16年~25年までの調査結果の一部です。

    ■二川ダム水質調査結果(平成16年~25年)  新着情報

水質の調査
  尚、河川・ダム貯水池ともに環境基準が定められていないため、 環境庁により定められている基準を参考に、水質状況の目安としました。
おさかなです

●とりまとめ
 一部、基準値(仮)を超える場合もありますが、継続している訳ではないので雨等の影響と考えられます。 調査対象区域において、際だった水質汚濁は見受けられませんでしたが、 全般に水素イオン濃度がアルカリ化傾向を示しており、比較的大腸菌群数が多い事により、 富栄養化の傾向が見受けられます。

○参考資料

あらぎじま
◆生活環境の保全に関する環境基準

◆分析項目の概説

水環境改善事業   事業の概要事業内容改善工事の様子|二川ダムの水質状況


二川ダムのホームに戻る

二川ダム管理事務所