現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 有田振興局 > 建設部 > 二川ダム管理事務所 > ダムの働き

二川ダム情報サイト

ホーム
ダムの歴史
ダムの概要
ダムの働き
周辺・流域案内
水環境改善事業
用語解説
お願い
ダムへのアクセス
リンク集
二川ダム
 

ダムのはたらき

洪水の調節
有田川下流の様子
 梅雨時や、台風の季節、集中豪雨などにより河川が急激に増水し、川沿いの地域に大きな被害が発生することがあります。 そのための対策の一つとして、水をため水量を調節する目的でダムをつくります。
 二川ダムは、上流から毎秒700立方メートルの水が流れてくると、定められた調節方法により洪水の調節をしながら下流へ流します。

どうやって洪水を調節するの?
下流河川の流量を減らします
 大水の一部を貯蔵し、一度にたくさんの水が下流に流れないように調節します。 この方法を「ダム操作規則」として決めています。
夏は、あらかじめ水位をさげておきます
 洪水が発生する恐れの大きい梅雨や台風時期には、あらかじめダムの水位を下げておきます。
 この時にまもる最高の水位を「制限水位」といいます。期間は、6月16日から10月15日までです。
大規模な洪水に備え、前もって放流します
 夏は、制限水位をまもっていますが、台風など大きな洪水が予想されるときには、 前もって放流を行いさらに水位を下げておきます。 予備放流
これを「予備放流」といいます。

下流用水の安定と発電

関西電力(株)・岩倉発電所  下流では、飲料水、農業用水、工業用水などに多くの水を利用しています。
 ダムの役割は水の銀行ともいえます。 利用する立場からは、水は常に一定であってほしいのですが、<天からのもらい水>はいたって気まぐれです。 日照りのときにも水を使うためには、水の余っている時に蓄えておくダムが必要です。
 また、ダムに貯まった水を利用して、発電もおこなっています。
<写真 : 関西電力(株) 岩倉発電所>

二川ダムのホームに戻る

二川ダム管理事務所