現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 有田振興局 > 建設部 > 二川ダム管理事務所 > ダムの概要

二川ダム情報サイト

ホーム
ダムの歴史
ダムの概要
ダムの働き
周辺・流域案内
水環境改善事業
用語解説
お願い
ダムへのアクセス
リンク集
二川ダム
  ダムの概要

 ダム湖の面積は、約0.86平方キロメートルで、大阪ドームに例えると、約25個分となります。 そこに貯まる水の量は、最大30,100,000立方メートルで、東京ドーム約24杯分となります。
 この水を利用する岩倉発電所の発電量は、最大11,000キロワット。 この発電を1ヶ月間続ければ、1軒の家が消費する電力約900年分となります。

下図は、ダムのサイズと各部位の名称。
印の語句の意味については、「用語解説」のページをご覧ください。
ダム正面図
ダム断面図

区分 項目 諸元
ダム 水系 有田川(二級河川)
ダム名 二川ダム
位置 和歌山県有田郡有田川町二川
形式 重力式コンクリートダム
堤高 67.4m
堤頂長 222.8m
堤体積 209,250立方メートル
非越流部標高 EL 204.40m
貯水量 集水面積 228.8km2
堪水面積 0.86km2
総貯水容量 30,100,000立方メートル
有効貯水容量 19,200,000立方メートル
洪水調節容量 14,400,000立方メートル
発電用容量 16,700,000立方メートル
放流設備 常用洪水吐 一定率一定量調節
(オリフィステンターゲート) W8.60×H8.00×2門
非常用洪水吐 -
(クレストテンターゲート) W11.90×H10.88×2門
河川維持流量放流管 主ゲート(φ300ジェットフローゲート)
副ゲート(φ400スルースバルブ)
計画高水流量 3,000立方メートル/秒
計画最大放流量 2,100立方メートル/秒
河川維持流量 0.7立方メートル/秒
発電設備
使用水量 最大15.00立方メートル/秒
有効落差 最大90.30m
出力 最大11,000kw

ダム容量

二川ダムのホームに戻る

二川ダム管理事務所