現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 伊都振興局 > 健康福祉部(橋本保健所) > 結核 > 結核助成制度

伊都振興局健康福祉部(橋本保健所)総務健康安全課

公費負担申請により、結核診査協議会で承認された場合、結核医療費を助成します。
助成(医療費公費負担制度)は入院と通院の2種類があります。

  一般医療(第37条の2) 入院勧告(第37条)
対象者 管内に居住する結核患者 管内に居住する結核患者で保健所から入院勧告を受けた方
助成内容 結核医療に必要な費用の100分の95について保険者と公費で負担します。 ※診断書料、初診料、再診料、指導料、合併症の治療費は該当になりません。

結核医療に必要な費用全額
※世帯員の所得税額が147万円を超える方は、月額2万円を限度として自己負担があります。
※助成の始期は原則、入院勧告した日となります。

提出書類

感染症患者公費負担申請書(Word)
感染症患者公費負担診断書(Excel)
・申請前3月以内に撮影したエックス線 直接撮影写真

感染症患者公費負担申請書(Word)
感染症患者公費負担診断書(Excel)
・申請前3月以内に撮影したエックス線直接撮影写真
・世帯全員の住民票及び世帯全員の所得税額(※)を添付
※説明書