現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 那賀振興局 > 第3回紀の川よくばりサイクリング ~美味しくRide!楽しくRide!~ の開催について

『~故郷(ふるさと)紀の川に息づく~保田龍門作品展』
の開催について
(H27.10.26更新)

 

 
 今年は、紀の川市出身の芸術家 保田龍門氏の没後50年にあたります。
  この節目の年に、故郷(ふるさと)紀の川に今も息づく龍門氏、そしてご子息で同じく紀の川市出身の芸術家 保田春彦両氏の足跡を皆様にご紹介するべく、ゆかりの地 紀の川市粉河において記念イベントを開催いたします。
  作品展では龍門氏の作品を中心に、同時開催の講演会、作品巡り、トークイベントでは龍門・春彦両氏の作品などについてご紹介します。


保田龍門氏(明治24(1891)年~昭和40(1965)年)
 那賀郡竜門村(現紀の川市)生まれ。絵画、彫刻など数々の作品を残しました。
保田春彦氏(昭和5(1930)年~)
  那賀郡竜門村(現紀の川市)生まれ。龍門氏のご子息。現代日本の彫刻界を牽引してきました。

  1. 日時 平成27年11月21日(土)~11月29日(日)9時30分~19時00分
         ※11月23日(月・祝)は休館日

  2. 場所 粉河ふるさとセンター 2階展示コーナー(紀の川市粉河580)

  3. その他 申込不要、入場無料

  4. 同時開催イベント

    (1)記念講演会『保田龍門 その人と芸術』
     龍門、春彦両氏についての研究を続けてこられた寺口淳司氏(現広島市現代美術館副館長、前和歌山県立近代美術館学芸課長)をお招きして、記念講演会を行います。
      日時:平成27年11月22日(日)11時00分~12時00分  
      場所:粉河ふるさとセンター 2階会議室(申込不要、参加無料)

    (2)保田龍門 保田春彦 紀の川~和歌山 作品巡り
      紀の川市から和歌山市にかけて存在する龍門・春彦両氏の作品を、貸切バスで移動しながら鑑賞します。和歌山県立近代美術館学芸員が解説を行います。
      日時:平成27年11月22日(日)13時30分集合、17時00分解散(予定) 
      場所:粉河ふるさとセンター集合(要申込み、参加料300円、定員20名)
      申込方法:参加申込書(チラシ裏面)に必要事項を記入の上、下記事務局あてFAX又は電子メールでお申し込みください。
      申込先:保田龍門没後50年記念事業実行委員会事務局
      〒649-6223和歌山県岩出市高塚209(那賀振興局地域振興部企画産業課内)
      TEL:0736-61-0012  FAX:0736-61-1514  mail:e1302161@pref.wakayama.lg.jp
      申込締切:平成27年11月17日(火)※定員になり次第締め切り  


    (3)トークイベント『父 保田龍門とふるさと粉河の思い出(仮題)』
      龍門氏のご息女で春彦氏の姉 松本英子氏をお迎えして、トークイベントを行います。
       日時:平成27年11月24日(火)11時00分~12時00分
       場所:粉河ふるさとセンター 2階視聴覚室(申込不要、参加無料)

    (4)フロアレクチャー
     和歌山県立近代美術館学芸員が展示作品の解説を行います。
       日時:平成27年11月28日(土)14時00分
       場所:粉河ふるさとセンター 2階展示コーナー(申込不要、参加無料)
      

  5. 主催  保田龍門没後50年記念事業実行委員会
         (構成団体:和歌山県、和歌山県教育委員会 和歌山県立近代美術館、紀の川市教育委員会、紀の川市文化協会)

    チラシ表 チラシ裏

    ※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。