現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 那賀振興局 > 健康福祉部(岩出保健所) > 食品・食品営業関係に関すること

那賀振興局健康福祉部(岩出保健所)

 食品・食品営業関係に関すること

1.食中毒について / 2.食品衛生関係営業について
3.食品の表示について / 4.免許・資格関係
5.その他申請・届出関係について

<1.食中毒について>

食中毒の予防

 <食中毒予防の三原則>
1) 清潔=食品に「菌をつけない」
2) 迅速(温度管理)=「菌を増やさない」
3) 加熱又は冷却=「菌をなくす、殺す」


  食中毒は、一般に飲食物を介して人体内に取り込まれた病原微生物や有害・有毒な物質によって引き起こされる、腹痛、下痢などの健康被害がおこることです。

食中毒の原因 <主な食中毒原因菌>
ルモネラ属菌
動物、河川水など広く一般に分布してい食肉・卵などの畜産食品を原因食品として発生する。
腸炎ビブリオ
海に広く分布し、主に生鮮魚介類を原因食品として発生する。
病原性大腸菌
分布が家畜、ペット、健康人や自然環境にまで及んでいるため原因食品が多種にわたる。O157もこれにあたる。
カンピロバクター
家畜等の腸内に常在しており、鶏、牛豚等の食肉を原因食品として発生する。
黄色ブドウ球菌
人や動物の化膿巣や鼻咽喉等に広く分布し、主に穀類などが原因食品となる。平成12年に大阪でおきた低脂肪乳による大規模な食中毒事件の原因は、この菌の毒素です。
ノロウィルス
平成9年に食中毒の原因として指定されました。細菌ではなくウイルスによる食中毒です。本ウイルスに汚染されたあらゆる食品が原因食品となりうる。また、患者のふん便・吐物から出されたウイルスによる直接的な感染も報告されている。

 関連ホームページへ「食の安全・安心和歌山」

↑ページ上部へ戻る



<2.食品衛生関係営業関係の手続きについて>

食品衛生関係営業

<食品衛生法第52条許可>
飲食店営業・魚介類販売業・食肉販売業・乳類販売業などの34業種について、営業を行う場合には、保健所長の許可が必要です。

<食品衛生営業開始届>
梅干加工業、漬物製造業、こんにゃく製造業などの営業を行うには、保健所に営業の開始届を届出する必要があります。

<イベント等開催届>
バザー、模擬店などを行う場合には、保健所にイベント等開催届を届出する必要があります。

1)食品営業許可申請
 ア)申請書 
 イ)営業施設の大要 
 ウ)施設及び設備構造図面及び仕様書
 エ)付近見取図 
 オ)法人の場合登記事項証明書(提示のみ)
 カ)水道水以外の水の場合水質検査成績書(提示のみ)
 キ)食品衛生責任者等の氏名及びその資格を証する書類(提示のみ)

    
2)食品営業許可継続申請

  ア)申請書 
  イ)営業許可証 
  ウ)その他必要な書類

   
3)食品営業許可申請事項変更届

 ア)届出書 
 イ)その他必要な書類

   
4)食品営業許可廃止届

  ア)届出書 
  イ)許可証

   
5)食品営業許可承継(相続)届

 ア)届出書 
 イ)戸籍謄本 
 ウ)相続人が2人以上の場合全員の同意書
 エ)許可証
  ※法人の合併による承継もあります。

   
6)食品衛生責任者設置・変更届

 ア)届出書 
 イ)その他必要な書類
   
     
7)営業開始届(許可を要しない営業)

 ア)届出書 
 イ)施設の平面図 
 ウ)付近の地図


8)イベント等開催届(バザー等の届出)
 ア)届出書 
 イ)施設平面図 
 ウ)付近見取図 等

   関連ホームページへ「食の安全・安心和歌山」
  
↑ページ上部へ戻る


<3.食品の表示について>

食品の表示

<消費期限(賞味期限)表示>
食品に表示する期限には、消費期限と賞味期限の2つがあり、急速に品質が劣化するものについては消費期限、劣化が比較的遅いものについては賞味期限となります。原則、年月日表示となっていますが、製造日から3か月以上については、年月表示でも良いこととなっています。

<アレルギー表示>
アレルギー物質を含む食品による健康被害が多く見られることから、27品目が表示対象のアレルギー物質として指定されていて、そのうち小麦、そば、卵、乳、落花生などが特定原材料として、表示することが義務づけられています。

<遺伝子組換え食品表示>
遺伝子組換え食品は、国際的にも広まっていて、その安全性を確保することが重要となっています。そこで、安全性未審査のものが国内で流通しないように、遺伝子組換え食品に関する表示が義務づけられています。

  関連ホームページへ「食の安全・安心和歌山」



↑ページ上部へ戻る
<4.免許・資格関係について>

1)製菓衛生師免許
  平成25年4月1日から製菓衛生師の資格試験・免許業務は、関西広域連合が実施します。詳しくは、関西広域連合ホームページをご覧ください。 


2)食品衛生責任者(飲食店営業などを行うときに必要な資格)
ア)知事指定講習会受講者 
イ)調理師 
ウ)製菓衛生師 
エ)栄養士
オ)食品衛生管理者の有資格者

3)食品衛生管理者(食肉製品製造、食品添加物製造などを行うとき必要な資格)
ア)医師、歯科医師、薬剤師、獣医師 
イ)大学で医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学を卒業した者
ウ)厚生労働大臣の指定した養成施設を卒業した者
エ)3年以上の実務に従事し、厚生労働大臣の指定講習会を受講した者

4)自家製ソーセージ食品衛生責任者(自家製ソーセージを製造するとき必要な資格)
ア)食品衛生管理者の有資格者 
イ)和歌山県知事が認めた者

5)フグ処理者(フグを取り扱うとき必要な資格)
ア)和歌山県知事が指定する講習会を受講した者

↑ページ上部へ戻る


<5.その他申請・届出関係について>
1)フグ処理、加工又は販売施設設置届
ア)届出書
イ)フグ処理者であることを証する書類 (加工、販売施設の場合は必須ではない。)
ウ)食品営業許可証等の写し
エ)営業施設の配置図
オ)付近見取図

2)魚介類行商許可申請
ア)申請書
イ)健康診断書
ウ)写真
※ 上記以外にも申請や届出が必要なものがあります。
詳細についてはお問い合わせください。 

↑ページ上部へ戻る