しょうが
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

さわやかな美味しい辛さ!
新しょうがは暑さを乗り切る必須アイテム!
 
品目名 : しょうが

○特 徴:
 和歌山市の河西、布引、小豆島の砂地地帯を中心にしょうがの栽培が行われ、5~10月の間出荷を行っています。生産のほとんどは新しょうがであり、京阪神市場等を中心に、東京、名古屋方面にも出荷されています。

しょうか(写真)

○食べ方:
 肉や魚の消臭効果をはじめ殺菌作用や解毒作用、さらには血行をよくする働きもあり、風邪予防や冷え性対策としても使われています。しょうが焼きから魚の煮付け、ジンジャエール、紅ショウガ、お寿司のガリまで幅広く利用できます。

○来 歴:
 和歌山市の砂地での栽培は大正初期から、本格的に栽培されたのは昭和22年頃と言われています。当初は路地による早出し栽培が主体でした。昭和40年代からは施設栽培の普及とともに栽培面積が増加しました。現在の栽培面積は36ha(農林水産関係市町村別統計平成23~24年)となっています。

○ 旬 :   5月~10月 


○産 地:  和歌山市


○生産量:  2,710t (平成24年度)


○問い合わせ先: わかやま農業協同組合(代表 073-471-3731)

○出 荷 時 期: 5月~10月