サツマイモ
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

甘さが特徴、寒い季節は焼き芋がお勧め。
食物繊維たっぷりでおなかもすっきり!
 
品目名 : サツマイモ

○特 徴:
 サツマイモ栽培は、和歌山市西浜地区の砂地地帯を中心に行われてます。品種は「なると金時」と「紅あずま」です。収穫時期は夏~秋ですが、貯蔵により春まで長く楽しむことができます。

サツマイモ(写真)

○食べ方:
  ビタミンCや食物繊維が豊富です。
  低温で長時間加熱すると甘味が増します。焼き芋やふかし芋は、甘味を引き出しやすい調理法です。天ぷら、スイートポテトや大学イモ、キントン、干し芋などに加工・調理して、おいしくいただけます。

○来 歴:
  早堀のサツマイモ栽培は、江戸時代文化年間に兵庫県尼崎市から導入されたのが始まりで。砂地園地での栽培が進められてきました。平成11年度の作付面積は38haでしたが、近年は市街化の進行等により作付農家、面積とも減少傾向となっています。

○ 旬 :   9月~12月 (収穫は7~8月で、貯蔵出荷を行う。)


○産 地:  和歌山市


○生産量:  約60t (H24年度)


○問い合わせ先: 海草振興局地域振興部農業振興課(073-441-3380)

○出 荷 時 期: 7月~3月