もも
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

   もぎたてピッチ!ピチ!のピーチはいかが!
 
品目名 : も も

○特 徴:
 モモは、主に海南市北野上地域、和歌山市東山東地域で栽培され、栽培面積40haのうち、白鳳及び白鳳系早生品種で29haを占めています。
 とりわけ、海南市高津地区で生産される桃は、光センサーで品質区分され、京阪神市場でブランドとして取り扱われています。

もも(写真)

○食べ方:
 食べる1~2時間前に冷蔵庫に入れて冷やすのが、美味しく食べる秘訣です。未熟でまだ硬い桃は、常温で柔らかくなるよう追熟させます。
 また、皮のむき方には色々ありますが、湯むきは最もきれいに剥ける方法の一つです。
 ①洗う→ まずは、桃を流水でよく洗い産毛をとります。
 ②熱湯につける→沸騰したお湯に10秒程度、桃をつけます。
 ③氷水につける→お湯からひきあげ氷水ですばやく冷やします。

○来 歴:
 和歌山での桃栽培は、寛永二年(1625年)に紀州藩主徳川頼宣公の命を受け、桃の苗木を植えたのが始まりとされています。海南市高津では昭和30年代より栽培が始まり、産地が拡大して行きました。

○ 旬 :  7月中旬~8月中旬

○産 地:  海南市高津地区

○生産量: 約600t (H24年度)

○問い合わせ先:  JAわかやま (代表 073-473-9403)
             JAながみね (代表 073-483-0945)
             とれたて広場 (073-487-0900)

○出 荷 時 期:  6月中旬~8月中旬

○販 売 単 位:  箱売り(4kg)