蔵出しみかん
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

     完熟みかんを土壁の貯蔵庫で熟成!
      味わい深い「蔵出しみかん」を召し上がれ!
 
品目名 : 蔵出しみかん

○特 徴:
 海南市下津町で作られる「蔵出しみかん」は、石垣作りの階段畑で育てられました。果実は特製の木箱に入れられます。園地内に建てた木造土壁の呼吸する蔵で、庫内の空気の入れ替えや貯蔵箱の差し換え、品質チェックを行ない丹精込めて熟成させます。

蔵出しみかん(写真)

○食べ方:
 熟成したひと味違う、みかんのおいしさを味わっていただきたいと思います。
 みかんには、ビタミンCやEが多く含まれています。みかんを包む白い綿の部分には、毛細血管を保護するヘスペリジンという成分(ビタミンの一種)も豊富です。

○来 歴:
 下津町における柑橘栽培のはじまりは、室町末期頃と考えられます。
  紀州藩による保護政策、気候、風土、立地条件などから、みかんの植栽が増加しました。江戸時代に、土壁の蔵で保存する技術が確立され、貯蔵みかん産地が拡大していきました。


○ 旬 :  1月~3月


○産 地:  海南市下津町


○生産量: 約3,500t (H24年度)


○問い合わせ先:  とれたて広場(073-487-0900)

○出 荷 時 期: 1月~3月上旬

○販 売 単 位: 10kg段ボール詰め