ほうれんそう
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

 砂地で栽培されるジューシーでうまいほうれんそう
 
品目名 : ほうれんそう

○特 徴:
 和歌山市内の砂地地帯を中心に、しょうが施設栽培の後作として栽培が盛んに行われています。栽培の難しい夏場においても、品質の高いホウレンソウが栽培されています。

ほうれんそう(写真)

○食べ方:
 シュウ酸を多く含む野菜のため、茹でて水にさらしてからおひたしや和え物に使います。栄養価の高い野菜で、カロチンやビタミンC、カルシウム、無機質が多く含まれています。鉄分を多く含み、貧血や老化を抑える効果があるとされています。

○来 歴:
 ホウレンソウは、昭和40年頃から栽培が盛んになった野菜とされています。和歌山市では昭和45年に25haの面積で栽培が行われていました。当時は路地での栽培が多かったとされています。現在の栽培面積は27haとなっています。


○ 旬 :  11月~3月(秋~早春)


○産 地:  和歌山市


○生産量: 255t (平成24年度)


○問い合わせ先: わかやま農業協同組合(代表 073-471-3731)

○出 荷 時 期: 周年