ビワ
<海草地方の農林水産物食材コレクション> PDF版

 

     初夏を告げるさわやかな味わい
      おいしい「びわ」は傾斜地育ち!
 
品目名 : ビ ワ

○特 徴:
 ビワ(枇杷)は、初夏をつげる果物として昔から珍重されてきました。甘くソフトな舌ざわりは日本人の好みにぴったりです。下津のびわは、傾斜地で水はけがよくて、独特の食味・食感で市場でも”おいしい下津のびわ”と評価をいただいています。現在栽培面積は50ha、品種は茂木、田中などとなっています。

ビワ(写真)

○食べ方:
 冷蔵庫で冷やしてからたべていただくと、さわやかな甘さを楽しんでいただけます。(皮ごとかじるのも良し、皮を剥いて果肉部を食するのもよし)

○来 歴:
 ビワが導入された歴史は古く、海南市下津町興地区に明治24年(1890年)に導入されたと言われ、現在の主な栽培地は海南市下津町仁義地区、海南市藤白地区です。品種は、初期の頃は在来系でしたが、昭和初めに品質の良い茂木、田中が導入されて以来更新が進み、現在は茂木(長崎早生を含む)80%、田中20%となっています。


○ 旬 :  6月~7月


○産 地:  海南市


○生産量: 約160t (H23年度)


○問い合わせ先:  とれたて広場 (073-487-0900)

○出 荷 時 期:  6月下旬~7月上旬

○販 売 単 位:  400gパック