現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >技術調査課 > 建設工事の入札における「最低制限価格・調査基準価格」、「総合評価方式」について

建設工事の入札における「最低制限価格・調査基準価格」、「総合評価方式」について

 建設工事の入札における最低制限価格及び調査基準価格について、平成20年6月から、事前公表から開札後に公表する事後公表としています。
  算定方法については、中央公契連モデルを採用していますが、最低制限価格については、平成21年12月から和歌山県独自の算定式を採用しています。
  なお、最低制限価格及び調査基準価格は、算出の基礎となる価格に一定の範囲で無作為に発生させた係数(ランダム係数)を乗じ、これらの価格を変動させて得た額としています。
  また、新「業者評価制度」による条件付き一般競争入札の全面実施に合わせ、品質の確保を図るため、総合評価方式を積極的に導入しています。

   詳細については、次のPDFファイルをご覧下さい。
    ・最低制限価格について(PDF)
    ・低入札調査基準価格について(PDF)
    ・鋼橋、電気通信及び機械設備等に係る基準の取扱いについて(PDF)
    ・「総合評価方式」について


お問い合わせ先
和歌山県庁 県土整備部 県土整備政策局 技術調査課(南別館 9階)
TEL:073-441-3082 FAX:073-428-1810
Eメール:e0811001@pref.wakayama.lg.jp


アクロバットリーダーダウンロードサイトへ PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。Acrobat ReaderはAdobe 社のサイトから無料でダウンロードできます。