現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 都市政策課 > 都市計画区域マスタープランについて

県土整備部都市住宅局都市政策課

和歌山県都市計画区域マスタープランの変更について

「都市計画区域の整備、開発保全の方針」(都市計画区域マスタープラン)は、都市計画法第6条の2に基づき、都道府県が広域的な見地から概ね20年後の将来を見据えながら、道路、公園や市街地の整備等の概ね10年後の大きな方向性を示しています。

和歌山県では、平成16年5月に圏域別、都市計画区域別にマスタープランをそれぞれ策定していましたが、広域調整の役割をより一層充実させるため、各都市計画区域内の方針を含む5圏域別のマスタープランを策定し、都市計画法第6条の2に定められた「都市計画区域の整備、開発及び保全の方針」として、平成27年5月に都市計画決定しました。

なお、本県における都市計画は、本都市計画区域マスタープランの内容に即した形で定められることとなります。

圏域図

【和歌山県と市町村の役割】
 ○和歌山県
  市町村と連携し、「広域的な視点でのまちづくり」を進めるとともに、市町村の都市計画を積極的に
  支援します。

 ○市町村
  基礎自治体としての責任を持ち「地域の実情にあったまちづくり」を展開します。


【目指すべき将来像と基本理念】

将来像、基本理念

和歌山県の都市計画の基本方針

□圏域別都市計画区域マスタープラン(整備、開発及び保全の方針)

  ・紀北圏域
概要版
  ・有田圏域
概要版
  ・日高圏域
概要版
  ・西牟婁圏域
概要版
  ・東牟婁圏域
概要版


アクロバットリーダーダウンロードサイトへ PDF書類をご覧いただくには、Acrobat Readerが必要です。PDF形式のファイル を開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。Acrobat ReaderはAdobe 社のサイトから無料でダウンロードできます。