現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 都市政策課 >平成28年度熊本地震に係る「被災宅地危険度判定士」派遣について

県土整備部都市住宅局都市政策課

平成28年度熊本地震に係る「被災宅地危険度判定士」派遣について

 平成28年4月14日に熊本県熊本地方で発生した地震により被災した宅地の危険度判定を実施するために、熊本県からの要請を受けて和歌山県、和歌山市が職員各3名を派遣しました。 

 ※「被災宅地危険度判定」とは

○ 派遣人数  

  第1陣 和歌山県職員 3名                                           

  第2陣 和歌山市職員 3名

○派遣期間

  第1陣 平成28年5月 7日(土)~5月11日(水) (7日(土)、11日(水)は移動日)

  第2陣 平成28年5月10日(火)~5月14日(土) (10日(火)、14日(土)は移動日)

○派遣先

  熊本県 南阿蘇村

○判定調査結果

 

 
調査件数(件)
危険(赤)
要注意(黄)
調査済(青)
簡易調査※
判定不能
第1陣(和歌山県)
12
4
0
17
0
33
第2陣(和歌山市)
16
4
0
11
3
34
合計
28
8
0
28
3
67

   ※簡易調査:目視による確認で建物や公共施設に影響がないと判断できるもの。

○現地での判定活動

  現地調査の様子  現地での判定活動  現地での判定活動