現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >建築住宅課 >耐震トップページ > 地震・あんしん・まちづくりナビ >地震についての基礎知識

県土整備部都市住宅局建築住宅課

地震あんしん・まちづくりナビトップページ
スペース
絵  
地震関連
点地震についての基礎知識 点阪神・淡路大震災による被害状況 点和歌山県における地震
点ワンポイントアドバイス


地震についての基礎知識

- わが家の耐震知識 -

地震に対して「わが家」は安全なのでしょうか。
過去の大地震の例を調べてみますと、木造住宅の場合、法規に適合し、かつ、しっかりした地盤に常識的な工法によって建てられていたものの被害(火災は別として)は、思いのほか少ないものです。
全壊や半壊にあった住宅は、ほとんどが軟弱な地盤の上に建てられたものか、法規にさえ反するような劣悪なものか、あるいは、構造方法の常識的なことさえ守られていなかったものです。
「わが家」が地震に対して安全かどうか、以下の内容について確認してみましょう 。



1.地盤(宅地)
地盤が悪い所に建つ木造住宅は、地震のとき、大きな被害を受けるおそれがあります。

崖あるいは急斜面での建築には注意しましょう。
イラスト:地盤イラスト:地盤

上へ

2.建物の形と重さ
建物の平面および立面の形状は、なるべく単純でまとまりのよいものとしましょう。

■屋根をあまり重くすると地震に対して不利になります。

イラスト:木造住宅の骨組3.木造住宅の骨組
■木造住宅は、丈夫な布基礎の上に、土台、柱、梁と桁で作った骨組に、筋かいなど地震の力に抵抗する耐力壁を入れて耐震的な構造にしましょう。
上へ

4.基礎と土台
■建物の外周壁と内部の主な間仕切の下には、コンクリート造の布基礎やべた基礎を設け、アンカーボルトで土台を布基礎に緊結しましょう。

布基礎にはできるだけ鉄筋を入れるようにしましょう。特に悪い地盤では必ず鉄筋を入れましょう。
イラスト:基礎と土台 イラスト:基礎と土台

上へ
上へ
イラスト:耐力壁の量と配置6.耐力壁の量と配置
■筋かいなどの入った耐力壁量と配置は、建物を地震から守る上で最も大切なものです。
上へ
上へ
上へ
上へ
イラスト:たんすと戸棚10.たんすと戸棚
たんす、本棚、戸棚などの背の高い家具類は転倒しないように留めるか、置き場所に注意しましょう。なお、ピアノ等の非常に重いものを留めるときは、専門家と相談してからにしましょう。
上へ
イラスト:ブロックべいと石べい11.ブロックべいと石べい
ブロックべいや石べいなどの倒壊に注意しましょう。
阪神淡路大震災でも被害にあったブロック積みや石積みなどの塀のほとんどは無鉄筋で工事されたものでした。
高さをあまり高くせず(2m以下)、控え壁を設けることが必要です。
上へ
(日本建築防災協会「地震にそなえて」より)
スペース
戻る
スペース
スペース