県土整備部都市住宅局建築住宅課      

地震あんしん・まちづくりナビトップページ
スペース
絵  
耐震診断・改修
点耐震診断について 点耐震改修について 


耐震診断について

 

 本県においては、近年、南海地震に対する関心が高まっているところですが地震時における安全性の確保には、十分な事前の備えが必要です。

 そのため、わが家の耐震診断を行うなど、耐震性を事前に確認しておき耐震性に乏しいことが判明した場合は、耐震改修をするなど、地震が起こる前に対策をたてておく事が重要だと言えます。

 また、耐震診断を行い耐震改修を行った場合には結果的に地震による被害が少なく復旧費用が少なくて済むことも期待できますので、「転ばぬ先の杖」としての耐震診断の実施を推奨します。



■耐震基準とは

 建物を設計するとき、地震に対して安全に設計することを「耐震設計」といい、「耐震設計」のもとになる基準を「耐震基準」といいます。

 国では大地震がおきて建物が被害を受けると、どうして被害を受けたかを研究して同じ被害を受けないように新しい考え方を盛り込み、「耐震基準」をきびしくするなど、法律や基準を改正してきました。

 今使われている耐震基準は「新耐震設計基準」と呼ばれ、阪神・淡路大震災においても、この基準によって設計された建物は被害が少なかったといわれています。

スペース

■耐震診断とは

 耐震診断というのは昭和56年(1981年)5月以前に建てられた建物が、この「新耐震設計基準」とくらべて、どこが弱いか、どこを補強すればよいかを調べるものです。

スペース

■耐震診断方法について

 具体的に耐震診断を行う方法には下記にしめすものがありますが、ここでは簡単に行える「簡易耐震診断」という方法にもとづいた診断ができますので、この機会に是非、わが家の耐震診断を行って見て下さい。

 また、簡易耐震診断での診断結果についてはあくまで目安ですので、専門家による精密な診断により耐震性を確認しておくことをお勧めいたします。

 診断方法:
  ・簡易耐震診断(「わが家の耐震診断と補強方法」によるもの)
  ・精密耐震診断(「木造住宅の耐震精密診断と補強方法」によるもの)
  ・建築基準法にもとづく耐震診断(仕様規定によるもの)
  ・建築基準法にもとづく耐震診断(許容応力度設計によるもの)
  ・建築基準法にもとづく耐震診断(限界耐力設計によるもの)

 また、国土交通省が開発した診断ソフトもあり(平面図の入力が必要です)、下記アドレスよりダウンロードが可能です。
              (財)日本建築防災協会ホームページ: http://www.kenchiku-bosai.or.jp/

 

 
 
スペース
戻る