現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >建築住宅課トップページ>木造住宅振興支援事業

県土整備部都市住宅局建築住宅課

木造住宅振興支援事業


-新世紀山村居住むら創設事業-
 山村地域での新しい生活スタイルに合わせたアトリエ付きのモデル住宅を建設し、居住実験を行うことにより、木造住宅の振興を図ることを目的としています。居住実験を行うにあたっては、芸術・工芸制作のアトリエやSOHOとして活用いただける方を全国から募集し、現在、6世帯の入居者が居住しています。
なお、事業主体は新世紀山村居住モデル推進協議会で、平成15年度は3棟、平成16年度に3棟のモデル住宅を建設し、本年度もさらに3棟のモデル住宅を建設する。芸術家が定住するむらとしての情報の発信、また、定住促進や起業支援など山村地域の活性化をめざしています。
また、モデル住宅には新しい構法を採用しており、今後それらの普及を行っていく予定です。
→事業概要へ

 

-木造産直モデル住宅建設事業
 県内の産直住宅供給グループ(林業家、製材所、工務店、設計事務所等が連携し県産材を使った木造住宅の供給を行う者)が行うモデル住宅建設・PR活動に対し県が支援することにより、紀州材の最大の消費先である産直住宅供給体制の強化を行い、紀州材の需要拡大に寄与することを目的としています。
建設地は和歌山マリーナシティー、平成16年度に2棟の産直モデル住宅を建設しました。また、モデル住宅展示期間は本年度より平成21年度までの5年間としており、木造住宅の情報発信拠点としています。
→事業概要へ

 

-耐震改修支援プロジェクト
 近い将来、発生が予想される東南海・南海地震に備え、昭和56年施行の新耐震基準適用以前(旧基準)に建築された既存木造住宅に対する、間伐材(紀州材)を使った安価で簡便な耐震改修工法を開発しました。
今後は、その工法を普及し、既存木造住宅にこの耐震改修工法を広げていくことにより、地震時の被害を少なくし、さらに紀州材の需要拡大を図ることを目的としています。