現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す> 砂防課 > ニュース&トピックス > 土砂災害警戒区域等の指定について(和歌山市、紀美野町、日高町)

県土整備部河川・下水道局砂防課

土砂災害防止法に基づく土砂災害警戒区域等の指定についてアンダーバー

土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号。以下「土砂災害防止法」という。)に基づき、平成24年8月7日に、和歌山市、紀美野町、日高町で土砂災害警戒区域等の指定を行いましたのでお知らせします。 (土砂災害防止法の概要)

1-1.区域指定箇所(和歌山市)
  和歌山県報第2379号告示第957号(平成24年8月7日)
 

公示図書は、和歌山県県土整備部河川・下水道局砂防課、海草振興局建設部、和歌山市役所で縦覧できます。

1-2.区域指定箇所(紀美野町)
  和歌山県報第2379号告示第958号(平成24年8月7日)
 

公示図書は、和歌山県県土整備部河川・下水道局砂防課、海草振興局建設部、紀美野町役場で縦覧できます。

1-3.区域指定箇所(日高町)
  和歌山県報第2379号告示第959号(平成24年8月7日)
 

公示図書は、和歌山県県土整備部河川・下水道局砂防課、日高振興局建設部、日高町役場で縦覧できます。

 

市町村名 指定区域数
急傾斜地の崩壊 土石流 地すべり 合計
警戒区域   警戒区域   警戒区域   警戒区域  
  うち特別
警戒区域
  うち特別
警戒区域
  うち特別
警戒区域
  うち特別
警戒区域
和歌山市 123 (115) 64 (35) 0 (0) 187 (150)
紀美野町 20 (20) 14 (12) 0 (0) 34 (32)
日高町 0 (0) 21 (18) 0 (0) 21 (18)

 

2.これまでの取り組み

県では、平成13年の法施行を受け、地形図の作成や机上での区域設定等の作業を進め、
平成16年度から基礎調査を実施しています。
今回は、和歌山市、紀美野町、日高町で土砂災害警戒区域等の指定を行ったものです。

現在、県内の土砂災害警戒区域等の指定箇所数は、下記のとおりです。

市町村名 指定区域数
急傾斜地の崩壊 土石流 地すべり 合計
警戒区域   警戒区域   警戒区域   警戒区域  
  うち特別
警戒区域
  うち特別
警戒区域
  うち特別
警戒区域
  うち特別
警戒区域
和歌山市 200 (188) 85 (47) 0 (0) 285 (235)
海南市 120 (120) 93 (74) 6 (0) 219 (194)
有田市 5 (5) 5 (4) 0 (0) 10 (9)
田辺市 604 (79) 243 (5) 20 (0) 867 (84)
新宮市 108 (0) 91 (0) 1 (0) 200 (0)
紀の川市 148 (147) 37 (34) 0 (0) 185 (181)
岩出市 33 (33) 15 (9) 0 (0) 48 (42)
紀美野町 170 (167) 63 (45) 4 (0) 237 (212)
かつらぎ町 99 (99) 36 (34) 0 (0) 135 (133)
九度山町 76 (70) 12 (11) 0 (0) 88 (81)
高野町 83 (0) 69 (0) 0 (0) 152 (0)
有田川町 311 (303) 92 (75) 2 (0) 405 (378)
美浜町 0 (0) 1 (1) 0 (0) 1 (1)
日高町 59 (56) 64 57 0 (0) 123 (113)
由良町 18 (0) 14 (1) 1 (0) 33 (1)
印南町 66 (3) 22 (0) 0 (0) 88 (3)
みなべ町 146 (144) 33 (31) 1 (0) 180 (175)
日高川町 184 (0) 97 (82) 2 (0) 283 (82)
白浜町 135 (134) 79 (66) 0 (0) 214 (200)
すさみ町 185 (0) 77 (0) 0 (0) 262 (0)
那智勝浦町 147 (0) 59 (0) 0 (0) 206 (0)
太地町 61 (0) 19 (0) 0 (0) 80 (0)
古座川町 124 (123) 30 (27) 0 (0) 154 (150)
北山村 19 (19) 16 (12) 0 (0) 35 (31)
串本町 44 (0) 28 (0) 0 (0) 72 (0)
合計 3145 (1690) 1380 (615) 37 (0) 4562 (2305)

 

3.今後の予定

県内には、18,487箇所の土砂災害危険箇所があります。当面は、過去に災害が発生した箇所や災害時要援護者(高齢者・乳幼児等)施設を含む地域等について優先的に基礎調査を進め、地元市町村と調整を図りながら土砂災害警戒区域等の指定を順次行っていく予定です。