現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 砂防課 > 土砂災害について

県土整備部河川・下水道局砂防課

<土砂災害>

 土砂災害とは、大雨や地震などが引き金となって、山やがけが崩れたり、水と混じり合った土や石が川から流れ出たりすることによって私たちの命や財産などが脅かされる自然の災害です。

 本県は県土の約80%が急峻で脆弱な山地におおわれている上に、全国有数の多雨地帯に位置すること、近年の集中豪雨の発生により、土石流・地すべり・がけ崩れなどの土砂災害が毎年のように発生しています。

和歌山県の土砂災害発生状況(道路・河川災害は除く)
区分 H18 H19 H20 H21 H22 H23 H24 H25 H26 H27 H28
土石流 0 1 1 3 2 28 0 3 2 1 0
地すべり 3 1 0 0 0 6 1 0 3 0 0
がけ崩れ 12 19 14 20 2 10 1 7 22 36 24
合計 15 21 15 23 4 44 2 10 27 37 24

 これらの土砂災害を防ぐための対策が砂防です。