現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 港湾空港局 > 津波災害警戒区域の指定について

県土整備部 港湾空港局 港湾漁港整備課 津波堤防整備室

津波災害警戒区域の指定について

 

1.津波災害警戒区域の指定について

 和歌山県では、警戒避難体制を特に整備すべき区域として、津波防災地域づくりに関する法律(平成23年法律第123号)第53条に基づく、「津波災害警戒区域」を以下のとおり指定しました。

  • 指定日
    平成28年4月19日

  • 指定した区域
      南海トラフ巨大地震による津波の浸水が想定される市町のうち、下記の19市町における、南海トラフ巨大地震による津波浸水想定区域
    海南市、有田市、湯浅町、広川町、由良町、日高町、日高川町、美浜町、御坊市、印南町、
    みなべ町、田辺市、白浜町、すさみ町、串本町、古座川町、那智勝浦町、太地町、新宮市
       ※各市町における指定区域は下の津波災害警戒区域図のとおり

  • 県報告示
    号数:平成28年4月19日 第2753号
    掲載年月日:平成28年4月19日
    告示番号:和歌山県告示第461号
    掲載URL:http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/010100/kenpou/kenpou.html

 

○津波災害警戒区域(イエローゾーン)とは
  • 津波が発生した場合に、住民等の生命・身体に危害が生ずるおそれがある区域で、津波災害を防止するために 警戒避難体制を特に整備すべき区域
  • 津波災害警戒区域(イエローゾーン)内には土地利用や開発行為等に規制はかからない
  • 指定に当たっては、「基準水位」も併せて公示

 

津波災害警戒区域(イエローゾーン)指定のねらい
  「区域指定」することで、市町及び避難促進施設(社会福祉施設、学校、医療施設等)における避難対策がより確実なものになる
    津波災害警戒区域(イエローゾーン)における対策
      1. 市町の地域防災計画への津波警戒避難体制(避難施設・避難経路、津波避難訓練、情報伝達 等)や避難促進施設に関する事項の記載
      2. 市町による津波ハザードマップの見直し
      3. 市町による避難施設の指定・管理協定の締結
      4. 避難促進施設における避難確保計画の作成、津波避難訓練の実施
  「基準水位」の公表により、効率的な避難対策が可能となる
    津波から避難する上での有効な高さが想定でき、避難施設整備の目安になる
基準水位

 

【平成25年公表 南海トラフ巨大地震による津波浸水想定図】
平成25年南海トラフ巨大地震による津波浸水想定図

 

【津波災害警戒区域図】区域指定範囲は、浸水想定区域と同一
津波災害警戒区域図案

 

2.津波災害警戒区域図
  ご覧になりたい市町をクリックして下さい。
  海南市 有田市 湯浅町 広川町
  由良町 日高町 日高川町 美浜町
  御坊市 印南町 みなべ町 田辺市
  白浜町 すさみ町 串本町 古座川町
  那智勝浦町 太地町 新宮市  

 

3.津波災害警戒区域に関するお問い合わせについて

 

お問い合わせについては下記連絡先までお願いします。
港湾空港局 港湾漁港整備課 津波堤防整備室
TEL:073-441-3165
FAX:073-433-4839
メール:e0825001@pref.wakayama.lg.jp