現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 港湾空港局 > 南紀白浜空港 > 南紀白浜空港空の日フェスタ

南紀白浜空港空の日フェスタ

空の日フェスタ2004/南紀白浜

★「空の日」・「空の旬間」とは?

 「空の日」とは、我が国の航空活動が、明治43年(1910)に東京代々木練兵場において、徳川・日野両大尉がアンリ・フェルマン機を使用して初飛行に成功したことに始まります。

 それから30年目にあたる昭和15年に、航空思想の普及を図るため、9月20日を「空の日」とすることが定められました。

 戦後の航空活動禁止時代を経て、昭和27年に民間航空が再開されて40周年にあたる平成4年に少し硬い感じのする「航空の日」をよりソフトな「空の日」と呼ぶこととし、併せて「空の旬間」を設けて、各種の記念行事を行っています。

くにまるくん

 南紀白浜空港においても平成4年より、広く県民の方々に航空に対する理解と関心を深めて頂くため、白浜町長を実行委員長とする南紀白浜空港「空の日」記念事業実行委員会により毎年イベントを実施しています。

 「空の日」のシンボルマーク「くにまる」くんです。平成4年に「空の日」・「空の旬間」を設けた際に、「9(く)2(に)0(まる)」=「くにまる」くんが誕生しました。地球的規模での航空による人、物及び文化の交流を表しています。

「空の日」のキャッチフレーズは、航空の楽しさと限りない可能性を表す「もっと感動、空はフロンティア」です。


★「空の日フェスタ2015/南紀白浜」

  • 開催日時  平成27年9月12日(土) 13時00分から16時30分
  • 開催場所  南紀白浜空港(和歌山県西牟婁郡白浜町2926)
  • 主   催   南紀白浜空港「空の日」記念事業実行委員会(会長:井澗誠  白浜町長)
  • 入 場 料   (無 料)
  • 駐 車 場   旧南紀白浜空港跡地(無 料)

★2014の模様をご紹介します

★2014の模様をご紹介します
自衛隊訓練 警察航空隊オープニング飛行 警察航空隊展示
自衛隊航空機 自衛隊航空機 海上保安庁航空機
小型機 空港用化学消防車 地震体験車
空港用化学消防車放水 ゆるキャラ 県警音楽隊
室内コンサート 全景 県警音楽隊
全景 JAL 全景