現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 資源管理課 > コイヘルペスウイルス病とは

コイヘルペスウイルス病について(お知らせ)

 コイヘルペスウイルス(KHV)病は平成15年11月に国内ではじめて発生して以来、現在、全都道府県で確認されています。斃死率が高く、また現在のところ有効な治療方法がないため、養殖場や釣堀等で大きな被害が出ています。
  この疾病は、KHVに感染したコイ(マゴイ及びニシキゴイ)との接触や飼育水を介して感染するため、感染魚(又は感染の疑いのある魚)の移動禁止や焼却(又は埋却)処理により、他の水域へのまん延を防止することが重要です。河川や飼育されているコイに不自然な斃死があった場合には、下記の関係機関へご連絡願います。

連絡先:

農林水産部水産局資源管理課(県庁)  和歌山市小松原通1-1   TEL:073(441)3010
       
水産試験場  東牟婁郡串本町串本1557-20   TEL:0735(62)0940
       
内水面試験地  紀の川市桃山町調月32-3  TEL:0736(66)0171
       
各振興局農林水産振興部農業水産振興課    
  海草振興局農業水産振興課  和歌山市小松原通1-1  TEL:073(441)3385
  那賀振興局農業水産振興課  岩出市高塚209  TEL:0736(61)0025
  伊都振興局農業水産振興課  橋本市市脇4-5-8  TEL:0736(33)4930
  有田振興局農業水産振興課  有田郡湯浅町湯浅2355-1  TEL:0737(64)1273
  日高振興局農業水産振興課  御坊市湯川町財部651  TEL:0738(24)2946
  西牟婁振興局農業水産振興課  田辺市朝日ヶ丘23-1  TEL:0739(22)1443
  東牟婁振興局農業水産振興課  新宮市緑ヶ丘2-4-8  TEL:0735(29)2011

コイヘルペスウイルス病に関するQ&A(農林水産省ホームページへリンク)      

 なお、このコイヘルペスウイルス病はコイ特有の病気であって、コイ(マゴイ及びニシキゴイ)以外の魚や人間には感染しません。また、感染したコイを食べても人体には影響ありません。

(参考)

コイヘルペスウイルス病とは(農林水産省消費・安全局プレスリリースから引用)


1. 原因(病原体) ・・・・・ KHV(Koi herpesvirus)と呼ばれるウイルス
2. 感受性魚種 ・・・・・ コイ(マゴイ及びニシキゴイ)
3. 症状 ・・・・・ 行動緩慢、摂餌不良になるが、目立った外部症状は少なく、鰓の退色やびらんなどが見られ、死亡率が高い。
4. 感染経路 ・・・・・ コイヘルペスウイルス病に感染したコイ(マゴイ又はニシキゴイ)との接触により感染する。
5. 潜伏期間 ・・・・・ 2~3週間とされている。
6. 発生状況 (1)外国 ・・・・・ イスラエル、英国、ドイツ、オランダ、ベルギー、米国、インドネシア及び台湾
(2)国内 ・・・・・ 全都道府県
7. 診断法 ・・・・・ 培養細胞によるウイルス検査およびPCR検査
*PCR検査:病原体の特異的遺伝子を検出する方法
8. 治療法 ・・・・・ 現在のところ治療法はない。
9. その他 ・・・・・ コイ特有の病気であって、コイ以外の魚や人への感染はない。


  本病は、持続的養殖生産確保法(平成11年法律第51号)における特定疾病に指定されており、発生した場合は、同法に基づく、まん延防止措置(移動制限、焼却等)の対象となる。