現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 資源管理課 > 平成22年貝毒検査結果

農林水産部水産局資源管理課

貝毒の検査状況について

   現在、和歌山県では食の安全性を確認するため貝毒の検査を定期的に行っています。
ここでは、平成22年3月から実施している和歌山市における貝毒の検査結果及び貝毒原因プランクトンの調査結果についてお知らせします。

  和歌浦湾区域において発生しておりました麻痺性貝毒の値は、6月8日判明の検査結果により3週連続して規制値を下回りました。これにより、安全性が確認されましたので、二枚貝の採捕・出荷に関する自主規制を解除することとしました。

 

 1 貝毒検査結果

結果判明日 採取場所 検査対象種 毒性(麻痺性貝毒)
3月23日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 2.0マウスユニット/g未満
4月19日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 5.4マウスユニット/g
4月23日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 54.1マウスユニット/g
4月30日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 79.8マウスユニット/g
5月12日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 36.7マウスユニット/g
5月19日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 4.8マウスユニット/g
5月25日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 2.8マウスユニット/g
6月 1日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 2.3マウスユニット/g
6月 8日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 2.0マウスユニット/g未満
6月 23日 和歌山市和歌浦湾 ムラサキイガイ 2.0マウスユニット/g未満


   ※ 国の定める麻痺性貝毒量の規制値は4マウスユニット/gです。

      ※ 2.0未満マウスユニット/g とは、検出限界以下のことです。


 2 貝毒原因プランクトンの調査結果

採水月日
結果判明日
採取場所
貝毒プランクトンの密度(cells/L)
3月 2日
3月 3日
和歌山市和歌浦湾
Dinophysis acuminata 17cells/L
3月16日 3月17日 和歌山市和歌浦湾 検出されず
3月30日 3月31日 和歌山市和歌浦湾 検出されず
4月13日 4月14日 和歌山市和歌浦湾 Alexandrium属 73cells/L
4月20日 4月22日 和歌山市和歌浦湾 Alexandrium属 128cells/L
4月26日 4月27日 和歌山市和歌浦湾 検出されず
5月 6日 5月7日 和歌山市和歌浦湾 Alexandrium属 34cells/L
5月13日
5月14日
和歌山市和歌浦湾
Dinophysis fortii 11cells/L
5月20日 5月21日 和歌山市和歌浦湾 検出されず
5月27日 5月28日 和歌山市和歌浦湾 Dinophysis acuminata 14cells/L
6月 3日 6月 4日 和歌山市和歌浦湾 Alexandrium属 24cells/L
6月17日 6月18日 和歌山市和歌浦湾 Dinophysis acuminata 25cells/L
7月 1日 7月 2日 和歌山市和歌浦湾 Alexandrium属 23cells/L
7月15日 7月16日 和歌山市和歌浦湾 Alexandrium属 214cells/L


★貝毒に関する情報は、 http://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/gyokai/g_kenko/busitu/index.html
(農林水産省ホームページ)