現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 水産振興課 >漁家民泊認定手続き
最終更新日: 平成29年(2017年)4月12日(水)

農林水産部水産局水産振興課

漁家民泊の認定手続き

 ○漁家民泊の認定制度について
  
漁家民泊施設の認定は、市町村の産業主務課を通じて申請し、県庁水産振興課で書類審査を行ったうえで認定します。
   (申請費用は無料)

  認定制度に関する要綱や申請書類の様式、手引き等は下記をご覧下さい。

  ・和歌山県農家民泊施設等認定要綱 (PDF:140KB)

  ・申請書様式 (Word:29KB)

  ・宿泊実績の報告様式 (Excel:30KB)

  ・漁家民泊の手引き (PDF:858KB)

 

 ○認定を受けるメリット
   漁家民泊の認定を受ければ、客室の延べ床面積が33㎡未満でも簡易宿所営業の許可を得ることができる他、和歌山県独自  の規制緩和を受けることができ、開業時の初期投資を軽減することができます。
   ※消防法、旅館業法、食品衛生法に係る許可申請の取り扱いについては、事前に所管する地元消防機関、保健所にご相談    下さい。

  「あなたも農林漁家民泊をはじめてみませんか」(パンフレット) (PDF:1.8MB)

   規制緩和の詳細ページはこちら(果樹園芸課HP)