現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 経営支援課 > 農業共済 > 農業共済制度とは

農業共済制度とは|経営支援課

農業共済制度とは 農作物共済 家畜共済 果樹共済 園芸施設共済 農業共済の組織

農業共済制度とは

 農業は、自然の影響を直接的に受けることが多い産業です。

 このため、農業共済は、農業者が不慮の事故によって受けることのある損失を補填して農業経営の安定を図り、農業生産力の発展に資することを目的とし、国の政策保険として運営されています。

 本県では、和歌山県農業共済組合がその業務を行っています。

 
◆制度の仕組み

 一定地域の農家が組合(農業共済組合)を設立し、共済掛金を出し合って共同準備財産を築き、災害のあった際にその共同準備財産から被災農家に共済金を払うもので、これを 保険のシステムにより全国に危険分散して運用しています。

【特徴】
 農業共済組合は、農作物共済及び家畜共済について、共済事業の実施が義務付けられています。
 農作物共済においては、一定規模以上の農家は当然加入することとされています。
 農家が支払う共済掛金の一部を国が負担しています。
 共済制度の運営にかかる事務費のうち多くの部分を国が負担しています。

農業災害補償制度(2段階制)

◆共済事業の種類

 県内の組合で実施している共済事業は以下のとおりです。

事業の種類  対象作物等 備考
 農作物共済  水稲、麦 必須事業
 家畜共済  牛(乳牛、肉牛)、豚 必須事業
 果樹共済
温州みかん、うめ、もも、かき、びわ、指定かんきつ(はっさく、ぽんかん、ネーブルオレンジ、さんぼうかん、清見及びセミノール)、すもも及びキウイフルーツ
 
 園芸施設共済  ガラス温室、プラスチックハウス  
 農機具共済  トラクターやコンバイン等の農機具  
◆共済制度を動かす組織、人

 [農業共済組合]
 農業共済組合は、その管轄する区域内の農家が組合員となって、農業共済事業の運用を行っている法人です。
 組合の運営に関する重要事項は、組合員である農家の皆さんから選出された総代、総代会で選任された役員によって決定されています。
 県内には和歌山県農業共済組合があります。

 [総代]
 農家のみなさんの代表です。組合の総代会で事業計画や予算の決定など重要な役割を務めます。3年ごとに各地区から選出されます。

 [共済部長(共済連絡員)]
 農家と組合を結ぶ重要な任務です。共済加入の推進や、十分な補償が受けられるような共済金額の選択などの相談、日常の連絡などが主な仕事です。地区毎に組合長が理事会の承認を得て委嘱します。

 [損害評価員]
 正しい損害の評価が任務です。また、損害防止の指導や適正な基準収穫量の設定に協力するなど共済事業を進める要の役割があります。組合長が理事会の承認を得て任免します。

 [損害評価会委員]
 抜取調査により、評価班ごとの均衡を図り、損害の額(評価高)を答申します。組合長が総代会の承認を得て(任期3年)選任します。

 [理事・監事]
 3年ごとに総代会で選ばれ、正しい組合運営の執行や監査を行います。

[ 経営支援課のページへ戻る ]   [ 次ページへ ]
このページ上部に戻る↑