現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 森林整備課 > 造林補助制度 (森林環境保全直接支援事業)

造林補助制度 (森林環境保全直接支援事業)

造林補助制度とは

森林所有者等が、山に木を植えたり間伐などの手入れを行った場合、一定の条件が満たされていれば、補助金が交付されます。
森林組合などに作業を委託した場合も同様です。

造林補助制度

補助金を受けるための一定の条件

  • 1 原則として、森林経営計画等の認定を受けた方や、特定間伐等促進計画の実施主体になっている方が支援対象者になります。
    (補助率は下がりますが、人工造林、樹下植栽又は下刈りは、森林経営計画の認定を受けなくても支援の対象になります。)
  • 2 一施行地の面積は、0.1ヘクタール以上となります。
  • 3 間伐及び更新伐は、一申請当たり5ヘクタール以上で、1ヘクタール当たり10m3以上の搬出を行う必要があります。
  • 4 上記のほか、作業の内容により林齢などが決まっています。

特定間伐等の実施の促進に関する基本的な方針についてはこちら

補助金交付の対象となる主な作業

  • 1 人工造林(単層林の造成) 【地拵え、植栽等】
  • 2 樹下植栽(複層林の造成) 【地拵え、樹下への植栽等】
  • 3 下刈り(10年生以下) 【雑草木の除去等】
  • 4 枝打ち(30年生以下) 【林木の枝葉の除去】
  • 5 保育間伐(35年生以下又は伐採木の平均胸髙直径18cm未満) 【搬出を伴わない間伐】
    • ・伐採本数割合:20%以上
  • 6 間伐(60年生以下) 【搬出間伐】
    • ・伐採本数割合:20%以上
    • ・1申請当たりの面積:5ha以上
    • ・搬出割合:1ヘクタール当たり10m3以上
  • 7 更新伐(90年生以下) 【搬出間伐】
    • ・伐採本数割合:20%以上
    • ・1申請当たりの面積:5ha以上
    • ・搬出割合:1ヘクタール当たり10m3以上
    • ・実施後2年以内に更新(複層林化)が必要
  • 8 付帯施設整備【森林作業と一体的に実施する鳥獣害防止施設等】
  • 9 森林作業道 【森林作業と一体的に実施】

補助金の算定

補助金は、県が定める標準単価をもとに、次の計算により算定されます。

補助金額=標準単価×間接費率×事業量×査定係数×補助率

1 標準単価:
毎年、作業内容ごとに県で定めています。
2 間接費率:
現場監督費(0%、16%)及び社会保険料等(0~15%)の比率で、1.00~1.31の範囲となります。
3 事業量:
作業を行った面積等
4 査定係数:
森林経営計画を作成した場合:1.7
森林経営計画を作成していない人工造林、樹下植栽又は下刈り:0.9
5 補助率:
40%

平成28年度森林整備事業標準単価表【pdf】

補助金の利用について

造林補助制度は、森林環境保全直接支援事業のほか、環境林の整備や被害森林の整備を行う事業などがあり、適用条件もそれぞれ事業によって定められていますので、補助を受けようとする場合の詳細については、事前に県庁森林整備課または各振興局林務課までお問い合わせください。

(参考)森林環境保全整備事業(林野庁ホームページ)

和歌山県森林環境保全整備事業補助金交付要綱(平成28年6月1日)【pdf】

和歌山県森林環境保全整備事業実施要領(平成28年6月1日)【pdf】

和歌山県森林環境保全整備事業検査要領(平成28年6月1日)【pdf】

造林補助制度に関するお問い合わせ先

和歌山県庁森林整備課 073-433-2975
海草振興局林務課 073-432-4111
那賀振興局林務課 0736-63-0100
伊都振興局林務課 0736-34-1700
有田振興局林務課 0737-63-4111
日高振興局林務課 0738-22-3111
西牟婁振興局林務課 0739-22-1200
東牟婁振興局林務課 0735-22-8551
Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

top