現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 森林整備課 > 紀の国森づくり基金活用事業 > 紀の国森づくり基金活用事業

紀の国森づくり基金活用事業

次代につなぐ紀の国の森

県が取り組む施策

県が実施主体となり、紀の国森づくり税の目的の達成のために必要と認められる事業を実施しています。

具体的には、下記のような内容の施策を行っています。

森林整備の推進

  • ・水源地等の奥地林などの経営を放棄され荒廃した人工林に、広葉樹等の侵入を促し、下層植生が豊かな森林に誘導するため、間伐を推進しています。
  • ・カシノナガキクイムシなどによる森林病害虫等の蔓延防止や獣害被害を抑止するため、広葉樹林の整備を推進しています。
  • ・拡大する放置竹林を整備し、里山本来の森を目指すため、竹林の整備を推進しています。
  • ・市町村が行う県民参加型の森林整備や森林公園の整備などを推進しています。

事業実施団体からの声についてはこちら【pdf】

森林の公的管理推進

・貴重な自然生態系を持つ森林及び景観保全上重要な森林を保全するため、県民共有の財産として永続的な保全が必要な森林の公有林化を推進しています。

大塔山周辺山林(古座川町)大塔山周辺山林(古座川町)

小森川周辺山林(古座川町)小森川周辺山林(古座川町)

紀の国緑育推進

・県内の小中学生や一般県民を対象に、森林や林業に触れてもらう機会を創り、学ぶ活動を通じて和歌山県の豊かな森林や林業・環境問題へ関心を高め、森林を守り育てる意識を育んでもらうための活動を推進しています。

紀の国緑育推進1

紀の国緑育推進2

紀の国緑育推進3

次代につなぐ紀の国の森

「紀の国森づくり基金活用事業」は「紀の国森づくり税」を財源として実施しています

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

top