現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 森林整備課 > 保安林

保安林

保安林とは

森林は、雨を貯えゆっくりと川に流して洪水や渇水を防止する機能や、根で土を支え、下草で表土を覆い、雨による浸食を防ぐ機能を持っています。それ以外にも、強風から家を守る壁の役割をしたり、落石を防止したり、趣のある風景を作り出したり、さまざまな公益的な機能を持っています。

そのような公益的な機能を持つ森林の中で、私たちの暮らしを守るため特に重要な役割を果たしている森林を、「保安林」に指定しています。

保安林に指定されると、その機能を保全するために伐採や開発の管理等、さまざまな制限がかかります。

保安林の種類

保安林は、安全で豊かな暮らしを支えるためにさまざまな役割を担っており、その機能と目的によって17種類に分けらています。

水源かん養保安林写真水源かん養保安林写真

土砂流出防備保安林写真土砂流出防備保安林写真

潮害防備保安林写真潮害防備保安林写真

保安林の種類の詳細についてはこちら

保安林制度

保安林制度とは、私たちの暮らしを守るため特に重要な役割を果たしている森林を「保安林」に指定し、その機能が失われないように、伐採や土地の形質変更等に一定の制限をかけることで、森林の働きを維持しようというものです。

保安林制度は森林法によって規定されています。

保安林制度の詳細についてはこちら

保安林の立木伐採と作業行為の申請

保安林を伐採する場合には、都道府県知事の許可、または届出が必要です。伐採の方法によって手続きが異なります。

伐採の方法としては、以下の3つが挙げられます。

  • 皆伐 ・・・ 対象となる森林の樹木を全て伐採すること
  • 択伐 ・・・ 森林内の樹木の一部を選んで伐採すること
  • 間伐 ・・・ 樹木の生育を促す目的で間引くために伐採すること

また、保安林内で家畜の放牧や土石、樹根の採掘、開墾その他の土地の形質を変更する行為などを行う場合には、都道府県知事の許可を受ける必要があります。

保安林の立木伐採と作業行為の申請の詳細についてはこちら

top