現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 森林整備課 > 森林病害虫について

森林病害虫について

ナラ枯れ(カシノナガキクイムシ被害)について

 

ナラ枯れは、ナラ・シイ・カシなどのブナ科樹木(どんぐりの木)が枯れる森林被害です。

1980年代後半から日本全国で被害が拡大し、和歌山県でも平成11年に熊野川町で大発生し、その後北上し、県中央部までその被害が及んでいます。

枯れる原因は、病原菌のまん延によるものであり、その病原菌を媒介する昆虫(カシノナガキクイムシ)によって、次々と伝染していきます。

放置しても自然に被害は終息しないため、貴重な地域の巨樹・巨木や広葉樹資源の保全という観点からも、被害拡大防止に努めることがとても重要です。

カシナガ(カシノナガキクイムシ)について

カシナガは、体長4.3mm~4.7mmのとても小さな虫です。

ナラやカシ、シイなどブナ科樹木(どんぐりの木)の中でナラ菌を増やし、その菌を食べて、一生を過ごします。

カシナガは、ハチやアリに近い生活を営み、親が幼虫を育てています。

一組の親から30~50匹、多くて100匹の子どもが生まれるといわれています。このように繁殖力が非常に強いため、一気に被害が拡大します。

カシノナガキクイムシ カシノナガキクイムシ

ナラ枯れのメカニズム

ナラ枯れのメカニズム

ナラ枯れ被害木の特徴

  • ・夏場にもかかわらず葉が赤褐色や茶色に変色している(写真1)
  • ・木の根元や幹からフラス(木屑)が出ている(写真2)
  • ・幹に直径2mmほどの小さな穴がたくさんある(写真3)

葉が赤褐色に変色(写真1)葉が赤褐色に変色

フラス(木屑)(写真2)フラス(木屑)

穿入痕(写真3)穿入痕

ナラ枯れ被害対策

和歌山県では、ナラ枯れ被害防止対策として、おとり丸太による駆除、被害木の伐倒駆除、まん延を防ぐための予防伐採等の事業に取り組んでいます。

情報提供のお願い

ナラ枯れを見つけたら、最寄りの振興局林務課または県庁森林整備課まで情報をご提供ください。
早期発見が早期対策に繋がり、延いては、地域のシンボルツリーや文化的価値のある樹木、貴重な広葉樹資源を守ることに繋がります。

県庁・各振興局連絡先

海草振興局 農林水産振興部 林務課 和歌山市小松原通1-1 (TEL) 073-441-3366
那賀振興局 農林水産振興部 林務課 岩出市高塚209 (TEL) 0736-61-0015
伊都振興局 農林水産振興部 林務課 橋本市市脇4丁目5-8 (TEL) 0736-33-4910
有田振興局 農林水産振興部 林務課 有田郡湯浅町2355-1 (TEL) 0737-64-1263
日高振興局 農林水産振興部 林務課 御坊市湯川町財部651 (TEL) 0738-24-2912
西牟婁振興局 農林水産振興部 林務課 田辺市朝日ヶ丘23-1 (TEL) 0739-26-7911
東牟婁振興局 農林水産振興部 林務課 新宮市緑ヶ丘2-4-8 (TEL ) 0735-21-9612
県庁林業振興課 山村資源班 和歌山市小松原通1-1 (TEL ) 073-441-2991

ナラ枯れ被害と防除に関するパンフレット

松食い虫被害について

松くい虫とは、松を枯らす原因となる「線虫類」を運ぶ虫のことを言い、マツノマダラカミキリ(体長3cm程度)という昆虫のことをさしています。

マツノマダラカミキリの生態

分布:
北海道を除く日本各地、朝鮮、台湾
発生期間:
約2ヶ月(5月下旬~7月)
生存期間:
45日程度
後食期間:
約20日程度
産卵期間:
約20日目~
産卵数:
約50個(約2個/日・匹)
マツノマダラカミキリ マツノマダラカミキリ

マツが枯れる原因

マツが枯れる原因は、「マツノザイセンチュウ」という体長1mmにも満たない線虫によるものです。マツノザイセンチュウがマツの体内に入り水分の通導を阻害するため、マツが枯れてしまいます。

しかし、マツノザイセンチュウは自分でマツからマツへ移動できません。
マツの体内に潜入しマツを枯らしたら、運び屋であるマツノマダラカミキリの力を借りて次のマツに移動します。

マツノザイセンチュウ マツノザイセンチュウ

松食い虫被害木の特徴

松食い虫の被害にあったマツは、夏から秋にかけて変色し、だいたい1ヶ月後には葉が赤くなり枯れ始めます。 春までには完全に枯死してしまいます。

また、被害木からは松ヤニが出なくなるという特徴もあります。

松食い虫被害対策

和歌山県では、松食い虫被害防止対策として、薬剤の予防散布や樹幹注入、被害木の伐倒駆除等を実施しています。

また、感染しても枯れにくい抵抗性マツに関する研究も行っています。

予防散布予防散布

樹幹注入樹幹注入

抵抗性マツの研究抵抗性マツの研究

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

top