現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 林業振興課 > 森林の土地所有者届出制度について

森林の土地所有者届出制度について

森林の土地の所有者になった方は届出が必要です

平成23年4月の森林法改正により平成24年4月1日以降、新たに森林の土地の所有者となった方は市町村への事後の届出が義務付けられました。

これは、行政が森林所有者に対し森林の整備等に関する助言を行ったり、事業体が間伐等をする場合に効率的に森林整備ができるよう、森林の土地の所有者の把握を進めるためです。

根拠法令

森林法第10条の7の2第1項

届出の対象となる森林

届出の対象となる森林は、地域森林計画対象民有林です。

地域森林計画対象民有林区域の確認についてははこちら

届出対象者

個人・法人を問わず、売買や相続等により森林の土地を新たに取得した方は、土地の面積に関わらず届出を しなければなりません。

ただし、国土利用計画法に基づく土地売買契約の届出を提出した方については、届出は不要です。

届出時期

土地の所有者となった日から90日以内です。

届出先

取得した土地が所在する市町村役場の窓口に届出書を1部提出してください。

市町村役場届出窓口一覧【pdf】

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

top