現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 林業振興課 > 山村の振興

山村の振興

山村のはたらき

「過疎」や「高齢化」「生活基盤整備の遅れ」といったイメージが強い山村ですが、次のような重要な公益的機能を果たしています。

農産物や林産物の供給

農林業に従事する人々の生活の場・就業の拠点として、多種多様な農産物や林産物の供給に貢献しています。

国土や環境の保全

様々な集落維持活動を通じて、河川のはんらんや地すべりなどの災害発生を防止するとともに、自然環境の保全維持に貢献しています。

心のやすらぎ

都市部で暮らす人々の「故郷」として、自然と触れ合うレクリエーションの場として、「心のやすらぎ」を提供しています。

山村のはたらき 山村のはたらき 山村のはたらき

和歌山県の山村地域

和歌山県では、昭和40年に制定された山村振興法に基づく山村の要件(※)を備えた山村地域が、20市町村70地域あります。

また、そのうち近畿圏整備法で指定された4市町5地域を除いた17市町村65地域が「振興山村地域」に指定されています。

※山村の要件(山村振興法(平成19年法律第58号)第2条による定義)
  • 林野率75%以上かつ人口密度1.16人/ha未満
  • 交通、通信、産業基盤、生活基盤、生活環境に関する施設等の整備が不十分であること
  • 昭和25年2月1日における市町村の区域単位で指定

和歌山県の山村地域一覧表【pdf】

山村振興対策に向けた各種補助事業

県では、山村振興対策に向けて以下のような補助事業を実施しています。

「山の恵み」活用事業
概要 山村資源(※1)を活用した産業振興と担い手の育成・確保を図るとともに、地域活力の向上を目指す取り組みに対し活用できる補助事業です。
対象者 市町村・団体
対象地域 山村振興法に基づく山村およびそれに準ずる区域(対象地域はこちら【pdf】
紀州備長炭に係る事業については、和歌山市を除く地域。
補助率 1/3以内(但し、市町村の義務負担が必要)
事業効果が地域コミュニティの維持・再構築に資すると知事が認める事業には、補助率 1/2以内
対象事業
①山村資源活用促進対策事業(補助対象上限費 10,000千円)
山村資源の生産・加工・流通又は販売に必要な施設等の整備。
②原木・資源林育成対策事業(補助対象上限費10,000千円)
紀州備長炭、シイタケの原木林、サカキ等資源林の造成、保育、管理等資源循環利用のために必要となる施業の実施及び施設等の整備。
要綱・要領等
本事業は、実施要領により実施します。
備考
  • ※1 山村資源とは、特用林産物(主として森林から生産される産物の中で木材を除いた、しいたけ、 サカキ、紀州備長炭等の産物-わかやまの特用林産物はこちら)及び山村地域の特性を活かすことができる資源をいう。
問い合わせ先 最寄りの振興局林務課又は林業振興課山村資源班(問い合わせ先一覧【pdf】
山村のくらし支援整備事業
概要 地域にて、住民が定住しやすい環境を作っていくための補助事業です。
対象者 市町村・団体等
対象地域 山村振興法に基づく山村およびそれに準じる区域(対象地域はこちら【pdf】
補助率 (対象事業①②)1/2以内  (対象事業③) 1/3以内
※ただし市町村の義務負担が必要
対象事業
  • 補助対象上限額:10,000千円
  • ①住民が安心して安全に生活するために必要な施設整備
  • ②山村地域の魅力を活用した交流活動を促進するために必要な施設整備
  • ③山村地域での生活に必要不可欠な道路の機能向上
要綱・要領等
本事業は、実施要領により実施します。
  山村のくらし支援整備事業交付要綱【pdf】
山村のくらし支援整備事業交付要綱別記申請書等【word】
問い合わせ先 最寄りの振興局林務課又は林業振興課山村資源班(問い合わせ先一覧【pdf】
Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

top