現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 林業振興課 > 紀州材 > 木質バイオマス利用の促進

木質バイオマス利用の促進

最近、地球温暖化への懸念や石油の高騰から、バイオマスを資源としたエネルギーへの関心が高まっています。特に、欧米では石油などの代替資源としてバイオマスエネルギーの利用が進んでおり、日本でも取り組みが増えています。

バイオマスとは、生物資源(bio)の量(mass)を表す言葉であり、「再生可能な、生物由来の有機性資源で、石炭、石油などの化石資源を除いたもの」です。その中で木を素材とした資源を木質バイオマスといい、薪や木炭などもこれに含まれ、昔から人類にとって最もなじみの深い資源です。

木質バイオマス利用の促進

和歌山県では、製材所で木材加工に使う熱源、温泉施設での加温、個人住宅における暖房などに木質バイオマス燃料が利用されています。

大切に育ててきた木材資源を余すことなく、くらしに役立つものとして活かすことが、地球温暖化の防止や循環型社会の構築に寄与するだけでなく、地域・森林の活性化につながるのです。

top