現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 農業農村整備課 >ため池ハザードマップポータルサイト

ため池ハザードマップポータルサイト

 ・ため池ハザードマップとは?

  近年多発する集中豪雨や近い将来発生することが予想される東南海・南海地震などによって、農業用ため池が大きな被害を受けため池堤体が決壊した場合、迅速かつ安全に避難するために参考とする資料として、どこまで浸水するのか、どこに避難路や避難場所があるのか等を地図に示したものです。

  ため池ハザードマップは、防災訓練等に活用して地域住民の自主防災意識の向上を図ったり、ため池の防災対策や災害時の被害軽減に役立てるものです。

  特にかんがい受益面積2ha以上のため池については、和歌山県が浸水想定区域図を作成し県内市町村に提供することにより、市町村が主体となって地域の実情に合わせたハザードマップを作成する支援をしています。

 ※注意事項

  実際の浸水区域について、ため池の貯水量、堤体の被害の程度、周辺の土地利用の状況等により、記載されている箇所以外においても被害が発生する可能性もあります。

 ・ため池ハザードマップリンク先(平成28年3月末現在)

  現在、県下で計8のリンク及び農林水産省のリンクを設定しています。

  今後、ホームページ上で公表した市町村については定期的に追加していく予定です。

和歌山県

海南市

岩出市

紀の川市

橋本市

御坊市

日高町

みなべ町

日高川町

農林水産省

・お問い合わせ先

  和歌山県農林水産部農林水産政策局農業農村整備課防災班

  住所:〒640-8585 和歌山市小松原通1-1

  電話:073-441-2953

  FAX:073-425-0287

  メール:e0705001@pref.wakayama.lg.jp

 

 

 


点農業農村整備課トップページへ戻る