現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 農業農村整備課 > 耕作放棄地再生活動協働モデル事業
あなたのアイデアを農業・農村づくりに活かしてみませんか!

 

『耕作放棄地再生活動協働モデル事業』企画提案二次募集のお知らせ
趣   旨  和歌山県では、多様な担い手が参画する「農地保全活動のモデル」を構築することを目指しています。
 この度、中山間地域等(※1)が抱える課題を解決するため、活動団体が持つ新たなアイデアや社会経験を生かした企画提案を広く募集します。
募集内容

県から提示するテーマを解決するための企画を提案してください。活動団体の特長を活かした柔軟な発想による企画を期待しています。

募集内容は・・・
中山間地域等を中心に増加している耕作放棄地(※2)を再生、または農地として活用する新たな手法

例えば・・・
☆ 耕作放棄地を含めた中山間地域におけるNPOや学生等の援農支援
☆ 耕作放棄地を活用し、地元企業も参画した特産加工品の原料づくり
☆ 耕作放棄地を活用した米、野菜などのオーナー制度
☆ 耕作放棄地を活用した小中学生等に対する食育や環境学習 etc

応募資格 次の要件を満たす活動団体

(1)和歌山県内に所在する生産組織や小中学校等、または、県内に事務局のある特定非営利活動法人(NPO法人)あるいは非営利の社会貢献活動を行う活動団体(ボランティア団体等、法人格を持たない団体を含む。)であること。

(2)宗教活動や政治活動を主たる目的とした団体でないこと。

(3)暴力団でないこと。暴力団若しくは暴力団員等の統制の下にある団体でないこと。
応募締切  平成29年7月14日(金)(必着)
委 託 額  事業実施期間は最長3年とし、20a以上で取り組む場合、1団体につき1年目50万円、2年目30万円、3年目20万円(消費税及び地方消費税を含む)、20aに満たない場合は、その半額を限度として企画提案内容に応じて決定します。
  なお、過去に耕作放棄地再生活動協働モデル事業を受託した団体については、類似の企画提案でないことを原則とします。

※ 事業実施に関係のない費用、団体そのものの運営経費、パソコン・プリンター・デジタルカメラなどの備品を購入する費用、団体内での打ち合わせの際の飲食費などの経費は対象外です。
募集要項

 「耕作放棄地再生活動協働モデル事業」二次募集要項(PDF形式)

別紙様式1・2(word形式)

特記事項 ※1 中山間地域等とは、「地勢等の地理的条件が悪く、農業の生産条件が不利な地域」で県内においては、和歌山市以外の市町村が該当します。

※2 耕作放棄地とは、「以前農地であったところが、過去1年間以上作物を栽培せず、しかも、今後数年の間に再び耕作するはっきりとした意思のない土地」のことです。
問合せ先 各振興局農林水産振興部農地課(東牟婁は農業水産振興課)
農林水産部農林水産政策局農業農村整備課

 

アクロバットリーダーダウンロードサイトへ PDF書類をご覧いただくには、AcrobatReaderが必要です。PDF形式のファイルを開けない場合は、Acrobat Readerをインストールしてください。AcrobatReaderはAdobe社のサイトから無料でダウンロードできます。