現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 畜産課 >飼養衛生管理基準及び定期報告について

飼養衛生管理基準及び定期報告について

《飼養衛生管理基準》
平成29年2月1日に飼養衛生管理基準が改正されました。

改正により新たに追加された項目は以下のとおりです。

①(各畜種共通)家畜の死体を保管する場合には、ブルーシートを被覆する等により、野生動物の侵入を防止するための措置を講ずること。また、家畜の死体又は排せつ物を移動させる場合には、ブルーシート等により漏出が生じないようにすること。

②(豚及びいのしし)飼料の原料に生肉が含まれる又は含まれるおそれがある場合、事前に加熱処理(70℃30分以上又は80℃3分以上)を行うこと。

③家畜所有者の定期報告様式の改正。



     飼養衛生管理基準本体      

     飼養衛生管理基準の改正に関するQ&A(平成23年10月版)

     畜種別パンフレット ( 牛ほか  豚ほか  鶏ほか   ) 


《家畜の飼養に係る衛生管理の状況等に関する定期報告》
牛、鹿、めん羊、山羊、豚、いのしし、馬を所有する方は毎年4月15日、鶏およびその他の家きんを所有する方は毎年6月15日までに、定期報告書を家畜保健衛生所に提出してください。

     定期報告書の様式 ( 全畜種共通 牛ほか 豚ほか 鶏ほか  )

      添付書類の内容 

      定期報告書の提出に当たっての注意事項


《一定の症状を示す家畜を発見した場合の届出》
  農林水産大臣が定める一定の症状を呈している家畜を発見した獣医師、所有者は家畜保健衛生所へ届出てください。

《お問い合わせ先》
県庁畜産課衛生・環境班 TEL:073-441-2925
紀北家畜保健衛生所 TEL:073-462-0500
紀南家畜保健衛生所 TEL:0739-47-0974
紀南家畜保健衛生所東牟婁支所 TEL:0735-58-1481