現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 果樹園芸課トップページ >市民農園を開設しよう!

          市民農園を開設しよう!

市民農園の開設の支援はこちら(PDF48KB)

1.市民農園の開設方法

( i )農家や法人が市民農園を開設する場合には、下記の3つの方法があります。

  市民農園整備促進法によるもの

  特定農地貸付法によるもの

  ③その他 2法によらないもの

(ⅱ)農園の利用方式にも、下記の2つの方式があります。

 農園利用方式の概要はこちら                          

  特定農地貸付方式 農園利用方式
仕組み
自らが開設主体となり、農地を区割りして利用者に貸し付ける
 農家が所有し、農業経営を行っている農園に利用者が 入園し農作業を実施する。 
法規制

 農地法の規制を受けます
 (ただし、農地法第3条の権利移動の許可は不要)

 農地法の規制は受けません。
農地規制
  • 10a未満の農地が対象
  • 農地の所在する農業委員会の承認が必要
  • 地方公共団体及び農業協同組合以外の者が開設する場合 は市町村との貸付協定の終結が必要
 自らが所有する農地で開設できます
契約方法
 開設者と利用者の間で「農地の貸付契約」を締結し農園を利 用する。

 

 開設者と利用者の間で「農園利用契約」を締結し農園を 利用する

 

料金
 利用者は当該農地の賃料を支払い農園を利用する
 利用者は当該農地への入園料を支払い農園を利用す る
農地管理
 農地の管理は利用者が行う
 農地の管理は開設者が行う
生産物
 生産された野菜などは利用者の所有となる
 生産された野菜は開設者の所有となる

 

(ⅱ)市町村や農協に市民農園を開設してもらう場合

   農家や法人が自ら市民農園を開設できなくても、所有する農地を市町村や農協に貸し出して、市民農園を開設してもらい、利用者に農地を貸し付けてもらうことができます。

   市民農園として農地を貸し出したいという希望がある場合は、当該農地を管轄する市町村や農協に相談をして下さい。

   ただし、市町村や農協の政策や方針により、市民農園の開設希望にそえないこともありますのでご了知下さい。

 

2.市民農園の開設の支援

  果樹園芸課では、市民農園の開設にあたり支援策を実施しています。

  事業の実施要件や実施メニューにつきましては、下記のホームページへクリックしてください。

市民農園の開設の支援はこちら(PDF48KB)

                                                     

3.市民農園に関する相談窓口

  開設に関する相談窓口(特定農地貸付法・市民農園整備促進法・農園利用方式等)
         和歌山県庁 農林水産総務課 農地利用班(Tel:073-441-2875)
         市役所及び町村役場 農業委員会

  

  市民農園の整備に関する相談窓口
         和歌山県庁 果樹園芸課 産地振興班 (Tel:073-441-2903)
         市役所及び町村役場 農業委員会 

 


和歌山県農林水産部 農業生産局 果樹園芸課 
電話:073-441-2900 FAX:073-441-2909 

.

このページ上部に戻る↑