現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 果樹園芸課トップページ > 「スタニスラフ・ブーニン氏」へ梅干しを贈呈

農林水産部農業生産局果樹園芸課





 平成22年11月更新
音符
 

スタニスラフ・ブーニン氏は梅干しがお気に入り!  ~世界的ピアニストに梅干しを贈呈~

 
ピアノ

   世界的なピアニストであるスタニスラフ・ブーニン氏は、日本人の奥さんとともに日本で生活しており、日本通として知られております。特に梅干しが好物とお聞きしたことから、県民文化会館で行われたリサイタルの後、和歌山県(紀州梅の会)から梅干しと梅酒を贈呈いたしました。

 

梅干しを贈呈する市川局長
梅干しを贈呈する市川局長
梅干しを食べ、ご満悦のブーニン氏
梅干しを食べ、ご満悦のブーニン氏

スタニスラフ・ブーニン ピアノリサイタル
 1.日  時:  2010年11月13日(土) 開演:午後6時30分(開場:午後6時00分)
 2.場  所:  和歌山県民文化会館大ホール
 3.主  催:  和歌山県、(財)和歌山県文化振興財団
 和歌山県民文化会館では今年の2月、開館40周年を記念して大ホールにスタインウェイ社製ピアノが納品されました。このピアノを選んだのが世界的に著名なピアニストのスタニスラフ・ブーニン氏で、今回のリサイタルもこのピアノが使用されました。観客はおよそ2,000人で、ショパンのピアノソナタなど「ブーニン現象」とも呼ばれた音色に酔いしれました。

 

~梅干しの贈呈~
1.日  時:
 平成22年11月13日(土) リサイタル終了後(20時30分ごろ)
2.場  所:
 和歌山県民文化会館 館長室
3.贈呈品 :
 紀州特選梅干し、梅酒(プレミア和歌山の商品 ※紀州梅の会より提供)
4.贈呈者 :
 市川昌平 農林水産部 農業生産局長

ブーニン氏のコメント
音符  ・梅干しについては大がつくほどの好物で、特に紀州産の梅干しが良い。
 ・健康のため梅干しを食べ、風邪をひいたときは欠かさず食べている。
 ・奥さんはいつも冷蔵庫の梅干しを切らさないようにしている。
 ・家の庭には梅の木を植え、毎年、奥さんが梅酒を作っている。
   写真はこちら

音符

 

Profile<スタニスラフ・ブーニン>


ブーニン氏

ブーニン氏

 ソヴィエト・ピアノ学校の著名な設立者で、リヒテル、ギレリス等の巨匠を育てたG.ネイガウスを祖父とし、ポーランドの作曲家K.シマノフスキーの血筋を引き、1966年モスクワに生まれた。
  1983年、史上最年少の僅か17才でパリのロン=ティボー国際コンクール優勝。続いて、1985年に第11回ショパンコンクールで優勝。併せてコンチェルト賞とポロネーズ賞を獲得した。これを機に東西ヨーロッパ及び日本で本格的な演奏活動を開始、「ブーニン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こす。
  ブーニンの音楽的経歴の新たなステップは1988年ドイツへの移住とともに始まった。ザイツブルク音楽祭、ルツェルン国際音楽祭等、名高い国際フェスティバルに出演。また、ミラノ、ロンドン、パリ、ウィーンでのリサイタルも高く評価されている。
  1988年より東芝EMIと専属契約を結び、バッハ、モーツァルト、ショパン、ベートーヴェン他、これまでに10枚以上のCDを録音。これまでにNHK交響楽団との数回の協演、フランス国立管、ボストン響、ミュンヘン・フィル、ロンドン・フィル、ベルリン・フィル等、世界の主要オーケストラと協演。
 ショパン没後150年にあたり、1999年よりイタリアを中心とするヨーロッパ各地及び日本で全8回におよぶ<ショパンチクルス>をスタート。ショパン・イヤーの中でもその意欲的な企画は注目を集めた。2001年11月には締めくくりとしてワルシャワ・フィルと協演、ショパンコンクールの「再現」を果たす。2005年、ショパンコンクール優勝より20年を迎え全国11ヶ所で“オール・ショパン・ピアノリサイタル”を開催。各公演満席の盛況を博した。
  2006年、2008年6、7月、聴衆の熱いリクエストに応えプラハ放送交響楽団と再び共演、大好評を博す。また、11月には日本デビュー20周年記念ツアーではリサイタル他、仙台フィル、アンサンブル金沢とベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番を熱演、このアンサンブル金沢とのピアノ協奏曲は2008年6月にEMIミュージック・ジャパンより発売。2009年6、7月ワルシャワ国立フィルハーモニーとの日本共演もショパンのピアノ協奏曲第1番を協演、大成功に終わり、このライブ録音を2010年1月にEMIミュージックジャパンより発売。
※チラシ『スタニスラフ・ブーニン ピアノリサイタル』より引用
和歌山県農林水産部 農業生産局 果樹園芸課 果樹班 

電話:073-441-2902 FAX:073-441-2909 

 

 
  このページ上部に戻る↑