現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 果樹園芸課 > 農業環境・鳥獣害対策室 > シカの捕獲頭数制限の緩和について

ニホンジカの捕獲頭数制限の緩和について

* 1人1日当たりの捕獲頭数制限を撤廃する。
   (第2期和歌山県ニホンジカ保護管理計画による。)

一般的には、1人1日当たりの狩猟捕獲は1頭に制限されている。
根拠:鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律第12条第1項第2号及び同法施行規則第10条第2項

※ 「第2期和歌山県ニホンジカ保護管理計画」の概要 

 

「第2期和歌山県ニホンジカ保護管理計画」の概要

  1. 計画の目的
     農林業被害の軽減、自然生態系の保護

  2. 計画の期間と計画区域
     平成24年4月1日から
     平成29年3月31日まで(5年間)
     和歌山県内全域

  3. ニホンジカ保護管理の課題
    • 農業被害が拡大
    • 県中部及び南部に生息しているが、北東部に分布域が拡大
    • 県南部の特に海岸線付近で高い生息密度
    • 自然植生への悪影響あり

  4. 保護管理を進めるポイント
    (1)捕獲圧の強化とメスの重点捕獲
      増えすぎた個体数を減らすために年間9千頭の捕獲を実施
      一夫多妻のためオスが減っても繁殖に影響がなく、メスを減らさないと個体数が増加
    (2)防護
      防護柵の設置
    (3)環境整備
      被害発生要因(餌場や隠れ場所)の除去や追い払い等を実施

  5. 計画の目標
     推定生息数の31,000頭を被害額の低かった平成6~7年度時点の8,700頭まで減らすこと

  6. 具体的対策(主なもの)
    対策 内容
    狩猟規制の緩和 狩猟期間の延長、捕獲上限頭数の撤廃、くくりわなの12cm規制の緩和
    個体数調整のための捕獲 有害捕獲や狩猟に加えて実施
    被害防止対策 柵の設置による防除、刈り払いや緩衝帯の設置や刈り払いによる総合的な防除対策の推進
    モニタリングの実施 糞塊密度、農林業被害状況、捕獲数や目撃数等によるモニタリング調査を行い、対策にフィードバック
    総合的な対策を実施するための体制 ・捕獲隊の設置による効率的な体制の整備
    ・鳥獣害対策アドバイザーの育成
    ・鳥獣被害対策本部

  7. 計画の実施体制
     市町村は、被害防止計画を策定し、捕獲や防護などの被害防止対策を定め、その主体となって実施し、県はそれを支援
     振興局単位で設置されている地域対策本部により、広域で効果的な被害対策を推進