現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 果樹園芸課 > 農業環境・鳥獣害対策室 > ウメ輪紋ウイルスの侵入及びまん延の防止についてのお願い

農林水産部農業生産局果樹園芸課農業環境・鳥獣害対策室

 ウメ輪紋(りんもん)ウイルスの侵入・まん延防止について

1.ウメ輪紋(りんもん)ウイルスとは

  • ウメ輪紋ウイルスとは、ウメ、モモ、スモモなどに感染する植物ウイルスの一つで、英語名 プラムポックスウイルス(plum pox virus)の略からPPVとも呼ばれます。

2.発生確認の経緯

  • ウメ輪紋ウイルスは1915年にブルガリアで初めて確認されて以降、世界各地で確認されています。

  • 日本では、平成21年に東京都青梅市で初めて確認され、現在のところ1都1府10県で発生が確認されています。

  • 和歌山県では平成25年に和歌山市東部のウメ園で初めて発生を確認しました。

 

3.ウメ輪紋ウイルスが感染する主な植物

  • ウメ

  • モモ(ハナモモを含む)

  • スモモ

  • セイヨウスモモ(プルーン)

  • ネクタリン

  • アンズ

  • オウトウ(サクランボ)

  • ユスラウメ

  • ニワウメ

  • ヨウシュイボタ(別名セイヨウイボタ(プリペットの一種))

  ※これらの植物であれば、園地の樹であっても庭木、鉢植え等の鑑賞用の樹であっても、感染の可能性があります。

4.症状・被害

  • ウメ輪紋ウイルスに感染すると、落果や果実品質の低下などが発生する恐れがあります。

ウ メ

  • 葉にドーナツ状の模様(輪紋)や、緑色が抜けた斑紋が生じます。

 

  うめの葉の症状1  ウメの葉の症状2

 ウメの葉の症状
  左:ドーナツ状の模様(輪紋)【原図:和歌山県】 
  右:緑色が抜けた斑紋(退緑斑紋)【原図:和歌山県】 

モモ、スモモ

  • 葉にドーナツ状の模様(輪紋)や、緑色が抜けた斑紋が現れるほか、果実の表面に斑紋が生じるとの報告があります。

  • モモ、スモモの葉に現れる症状は、5月頃を過ぎると判かりづらくなり、正常な葉と区別がつきにくくなります。

モモの葉の症状  スモモの葉の症状

 モモ・スモモの葉の症状
  左:モモの葉の症状【原図:和歌山県(県外撮影)】 
  右:スモモの葉の症状【原図:和歌山県(県外撮影)】 

 

このような症状を見つけましたら、下記までご連絡下さい。なお、ご連絡頂いた方のお名前等は公表いたしませんのでご安心下さい。

  • 県庁 農業環境・鳥獣害対策室(電話:073-441-2905)
  • 海草振興局  農業水産振興課(電話:073-441-3380)
  • 那賀振興局  農業水産振興課(電話:0736-61-0025)
  • 伊都振興局  農業水産振興課(電話:0736-33-4930)
  • 有田振興局  農業水産振興課(電話:0737-64-1273)
  • 日高振興局  農業水産振興課(電話:0738-24-2926)
  • 西牟婁振興局 農業水産振興課(電話:0739-26-7941)
  • 東牟婁振興局 農業水産振興課(電話:0735-21-9642)
  • かき・もも研究所(紀の川市) (電話:0736-73-2274)
  • うめ研究所(みなべ町) (電話:0739-74-3780)
  • または、お近くのJA

5.治癒方法

  • 現時点では感染植物を治す方法はありません。

6.感染経路

  • ウメ輪紋ウイルスはアブラムシによって伝搬されます。

アブラムシによる伝搬

  • また、接ぎ木によっても感染することから、ウイルスに感染した台木や穂木を経由して感染が広がります。
  • 感染した苗木、鉢植えや切り枝等が流通することで、感染源が拡散することになります。
  • なお、剪定作業によってウメ輪紋ウイルスに感染することはありません。また、果実や種子を介して感染が広がることはありません。

7.人への影響

  • ウメ輪紋ウイルスは人や動物には感染しないので、感染植物の葉を触ったり、果実を食べても健康に影響はありません。

 

~「和歌山県ウメ輪紋ウイルスの侵入及びまん延の防止に関する条例」~

 和歌山県では、ウメ輪紋ウイルスの侵入及びまん延を防止するため「和歌山県ウメ輪紋ウイルスの侵入及びまん延の防止に関する条例」を定め、

 ①県外のウイルス発生地域から県内
 ②県内のウイルス発生地域から地域外

 へのウメ、モモ、スモモ等の苗木、鉢植え等の移動を制限しています。

 


1.移動制限の対象植物

 

  • ウメ

  • アンズ

  • スモモ(別名ニホンスモモ)

  • セイヨウスモモ(別名ヨーロッパスモモ、プルーン)

  • ミロバランスモモ

  • モモ

  • ネクタリン

  • アーモンド

  • ユスラウメ

  • ニワウメ

    ※果実生産用、鑑賞用を問わず移動制限の対象となります。

 


2.対象となる植物の形態

  • 樹木、鉢植え、盆栽、苗、穂木、切り枝、切り花など

    ※種子、果実は移動制限の対象とはなりません。


3.移動制限区域

(1)県外(下記区域から和歌山県内への移動が制限されます)

都道府県 区  域※ 移動制限
開始日
埼玉県 飯能市、入間市 H25.4.21
東京都 足立区、八王子市、昭島市、福生市、羽村市、奥多摩町 H25.4.21
東久留米市 H27.1.11
小平市 H29.1.15
神奈川県 横浜市 H28.11.3
川崎市 H29.8.5
岐阜県 神戸町、池田町 H27.8.16
各務原市 H28.9.18
愛知県 犬山市 H26.10.12
一宮市、大口町 H28.1.10
江南市 H28.3.17
三重県 津市 H25.8.8
滋賀県 長浜市 H25.4.21
大阪府 池田市、柏原市、富田林市 H25.8.4
東大阪市、八尾市、河南町、千早赤阪村 H25.8.8
大阪狭山市、河内長野市、堺市 H27.1.11
羽曳野市、太子町 H28.9.18
藤井寺市 H29.1.15
兵庫県 尼崎市、西宮市、伊丹市、宝塚市、川西市、三田市 H25.4.21
奈良県 奈良市 H25.4.21

 

 

※プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令(平成22年農林水産省令第4号)第2条に定める防除区域(下記)を除く

 

(2)県内(和歌山市から和歌山市外への移動が制限されます)

区域 移動制限開始日
和歌山市 H25.7.7

 


(補足)プラムポックスウイルスの緊急防除に関する省令第2条に定める防除区域

 

 

都道府県 区  域
東京都 昭島市、八王子市、羽村市、福生市及び奥多摩町の一部、あきる野市、青梅市及び日の出町の全域
神奈川県 横浜市の一部
岐阜県 各務原市の一部
愛知県 一宮市、犬山市、江南市、大口町の一部、扶桑町の全域
大阪府 河内長野市及び富田林市の一部
兵庫県 尼崎市、伊丹市、川西市及び宝塚市の一部

※本防除区域からの植物の移動は国が制限。詳しくはこちらのHP

 

4.移動制限の内容

 

①県外の移動制限区域で栽培・所有・管理・販売された特定サクラ属等の植物を和歌山県内に移動する場合
②県内の移動制限区域で栽培・所有・管理・販売された特定サクラ属等の植物を区域外に移動する場合

には、その30日前までに知事の許可を得ることが必要になります。
※和歌山県条例、移動許可申請書はこちら。

ウメ輪紋ウイルスに関するリーフレット

  リーフレット(A4・2枚)はこちら

ウメ輪紋ウイルス侵入・まん延防止ガイドライン

  ウメ輪紋ウイルスの侵入・まん延防止のため、県民の皆様にご協力頂きたいことや、県が実施する対応策などについてまとめた、「ウメ輪紋ウイルス侵入・まん延防止ガイドライン」を紹介します。