現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す > 果樹園芸課 >農業環境・鳥獣害対策室 >環境保全型農業直接支払対策

農林水産部農業生産局果樹園芸課農業環境・鳥獣害対策室

環境保全型農業直接支払対策

  

 本対策は、環境保全に効果の高い営農活動に対して支援を行う事業です。 

対象者

 1.農業者の組織する団体

 2.一定の条件を満たす農業者
  (1)集落の耕地面積の一定割合以上の農地において、対象活動を行う農業者
  (2)環境保全型農業を志向する他の農業者と連携して、環境保全型農業の拡大を目指す取組を行う農業者
  (3)複数の農業者で構成される法人

 

支援の対象となる農業者の要件

 1.支援の対象となる作物について販売することを目的に生産を行っていること。
 2.支援の対象となる作物についてエコファーマー認定(リンク)を受けていること。
 3.農業環境規範(リンク)に基づく点検を実施していること。

 


支援の対象となる取組と支援単価 

 化学肥料及び化学合成農薬の使用を和歌山県慣行基準から原則として5割以上低減する取組※と併せて行う以下の対象取組

 

対象取組
支援単価

カバークロップ(緑肥)の作付け
(ひえを作付けした場合)

8,000円/10a
(7,000円/10a)
堆肥の施用
4,400円/10a
有機農業
(うちそば等雑穀・飼料作物)
8,000円/10a
(3,000円/10a)
性フェロモン剤の導入
8,000円/10a
草生栽培
5,000円/10a


※和歌山県では、「もも」の露地栽培に限り、化学合成農薬の低減割合を3割以上とする特例を設定しています。

1.カバークロップ(緑肥)の作付け

 支援の対象となる作物の栽培期間の前後のいずれかにカバークロップ(緑肥)を作付する取組です。

 

2.堆肥の施用

 支援の対象となる作物の栽培期間の前後のいずれかにC/N比10以上の堆肥(鶏ふん等を主原料とするものは除く。)であって腐熟したものを一定量以上施用する取組です。

 

3.性フェロモン剤の導入

 支援の対象となる作物(うめ、かき及びももに限る)の園地に性フェロモン剤を導入する取組です。
 ※和歌山県が定めた落葉果樹のIPM実践指標(リンク)17項目のうち13項目以上を実施することが要件になります。

4.草生栽培

 支援の対象となる作物(果樹に限る)の園地にナギナタガヤやヘアリーベッチ等を作付けする取組です。

5.有機農業

 支援の対象となる作物について、化学肥料及び化学合成農薬を使用しない取組です。

複数取組について

 同一ほ場において1年間に複数回の対象活動を行う場合は、その活動を2取組目まで支援します。
 なお、和歌山県で支援対象とする複数取組の組み合わせは次のとおりです。
 ※支援対象とする組み合わせに「○」、支援対象としない組み合わせに「×」を付けています。

 

1.同一ほ場で支援の対象となる作物を複数回作付けする場合
対象活動 カバークロップ
の取組
堆肥の
施用の取組
有機農業
の取組
草生栽培 性フェロモン剤
の導入
カバークロップ
の取組
堆肥の
施用の取組
有機農業
の取組
草生栽培 × × × ×
性フェロモン剤の導入 × × × × ×

例:ほうれんそう(1作目)で堆肥の施用の取組+こまつな(2作目)で有機栽培の取組

 
2.同一ほ場で支援の対象となる作物を1回作付けする場合
対象活動 カバークロップ
の取組
堆肥の
施用の取組
有機農業
の取組
草生栽培 性フェロモン剤
の導入
草生栽培 × ×
性フェロモン剤の導入 × ×

例:うめで堆肥の施用の取組+性フェロモン剤の導入

 

「環境保全型農業直接支援対策」の概要 (要綱・要領、提出書類の様式等)

 こちらの農林水産省ホームページをご覧ください。
   (http://www.maff.go.jp/j/seisan/kankyo/kakyou_chokubarai/mainp.html

 ・地域で環境にやさしい農業に取り組む皆さまへ(平成29年度日本型環境直払制度のうち環境保全型農業直接支払交付金)

 ・平成29年度 日本型直接支払制度のうち環境保全型農業直接支払交付金 取組の手引き

 ・平成29年度 日本型直接支払制度のうち環境保全型農業直接支払交付金 取組の手引き(別紙)
 

お問い合わせ先

 詳しくは市町村の農業施策担当課(申請窓口)または農業環境・鳥獣害対策室までお問い合わせください。