現在表示しているページ
ホーム > 組織から探す >農林水産総務課研究推進室>うめ研究所トップページ> 病害虫図鑑>ウメシロカイガラムシ

ウメシロカイガラムシ

 

特徴
 1~2年生の若い枝に寄生しやすい。

 4月下旬~5月上旬、7月上旬~中旬、9月上旬~中旬の年3回発生し、成虫で越冬する。

 

防除方法
 4月下旬~5月上旬の幼虫発生期が防除適期。
 適期をはずすと効果が落ちるので幼虫の発生を確認して防除する。

 

メス成虫

幼虫

幼虫の拡大写真

↑枝に寄生した雌成虫

↑幼虫の発生の様子

↑幼虫の拡大写真