うどんこ病

 

病原

 Podosphaera tridactyla

 Sphaerotheca pannosa

 

特徴

 【発病部位】

  葉、果実

 【発生生態】

  伝染源など詳しいことは分かっていない。

  葉と果実で病原が異なる。

  発生時期は、果実では4月上旬~5月上旬である。

 

防除対策

 3月下旬~4月中旬に薬剤で防除する。

 

うどんこ病

 

うどんこ病

↑果実の病斑
4月上中旬~5月上旬にかけてはじめ小さな白色円形の病斑を生じ、果実の肥大にともない拡大する。

 

↑激発した果実
ひどくなると病斑部は薄茶色となり細かなひび割れを生じます。