黒星病

 

病原

 Cladosporium carpophilum

 

特徴

 【発病部位】

  果実、枝

 【伝染源】

  枝に形成された病斑

 【伝染方法】

  春先、枝の病斑の上に形成された胞子が、雨水によって運ばれ幼果に感染する。

  感染してから病斑が目に見えるまで約30日かかる(条件により異なる)。

 【多発条件】
  発芽期から5月の主感染時期に多雨に経過すると多発する。

  多湿、通風不良、日照不足の園や老木で発生が多い。

 

防除対策

 ・発芽期~5月が主な感染時期であると思われるので、

   この期間中10日~2週間おきに薬剤を散布する

 ・間伐、せん定により日照、通風を改善する。枝病斑を剪除する

 

黒星病発病果実

黒星病激発果実

発病果実
黒緑色~黒色の円形病斑ができる。

↑激しく発病した果実
果皮にひび割れを生じる。

黒星病1年生枝の病斑

黒星病2年生枝の病斑

↑1年生枝の病斑
褐色の病斑ができる。
果実への伝染源となるのでせん定時に切り落とす。

↑2年生枝の病斑
古い病斑は銀灰色となる。
果実への伝染源となるのでせん定時に切り落とす。